大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか

小学生の女児を誘い出し、自宅に監禁した容疑で逮捕された伊藤仁士容疑者について、各メディアがあれこれ報道しています
ただ、最近の伊藤容疑者について語る内容はほとんどなく(近隣住民との交流がなかったのでしょう)、中学時代は優等生だったという過去の話ばかりが聞こえてきます


大阪市の小学6年の女児(12)を誘拐したとして、未成年者誘拐容疑で大阪府警に逮捕された栃木県小山市の職業不詳、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)が中学時代に打ち込んでいた剣道の腕前は、友人らによると全国クラスだった。一方で、口数の少なさから「幽霊」とあだ名を付けられる時期もあったほど存在感は薄く、社交性も低かったという。
中学の同級生の女性らによると、剣道部は全国大会で優勝の経験もある強豪。伊藤容疑者の代も全国制覇を飾っていたといい、本人の腕前は「相当なもの」(女性)だった。
ただ、普段から口数が少なく、色白で体の線が細かったこともあって、一時期に付けられたあだ名は「幽霊」。女性は「とにかく部活と勉強という感じのいわゆる優等生タイプ。女性との付き合いもなかったと思う」と振り返る。
最近ではラーメン屋のほか、自動車教習所の事務などのアルバイトを転々としていたという情報がある伊藤容疑者。大阪府警によると、23日に逮捕された際は派遣社員を名乗ったという。剣道部の後輩だったという女性は「なぜ先輩がこんなことになったのか。ただただショックです」とうつむいた。
(産経新聞の記事から引用)


剣道の腕前は全国クラスと書かれているのですが、週刊文春の記事では「道場には小学校3年生の頃からから3年間通っていた。真面目で堅物だった。でも、成績はイマイチ。2、3回戦くらいまでかな。下の弟や妹が優秀だったから印象がどうしても薄い。妹さんはお医者さんになられてるしね」と、伊藤容疑者が通っていた剣道教室関係者が述べており、随分と違いがあります
伊藤容疑者の妹が医師になっている、との話には驚かされますが
高校受験に失敗し、挫折した伊藤容疑者が35歳になって事件を起こすまで、どのような人生を歩んできたのか判然としません
近隣の住民に尋ねても、誰も詳細は知らないのでしょう
犯行の詳細についてもまだこれから、という段階なのであれこれ憶測するのは避けた方が無難です
伊藤容疑者は誘拐したつもりはないと否認しており、助けを求めた女の子を救っただけと供述しているのだとか
過去に家出少女を自宅に誘い、宿泊させていた男性でも刑罰を科されたケースがあり、「泊まらせてあげただけ」との言い分は通用しません
伊藤容疑者が女児の意に反して監禁していた、と立証するのは簡単です。その上で、何を目的にしていたのかが問われます
わいせつ行為を目的に誘い込み、監禁していたと考えるのが当然でしょう。が、頑固者であるとされる伊藤容疑者ですから頑なに否定しまくるものと推測されます
下心なしのボランティアだった、などと説明されても検察官や裁判官は納得するはずはありません
取調べでどこまで供述を引き出せるのか、注目しましょう

(関連記事)
大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
https://05448081.at.webry.info/201911/article_36.html
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える9 「何が悪かったのか?」
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決