伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴

元TBS 記者の山口敬之記者から暴行を受けたと訴えていた伊藤詩織さんの提起した民事訴訟で、東京地裁は暴行の事実を認め山口元記者に慰謝料330万円を支払うよう命じるとともに、山口元記者が伊藤さん相手に起こしていた1億3千万円の損害賠償請求を棄却しています
この判決に山口元記者は大いに不満のようで、盟友である評論家小川榮太郎や月刊Hanadaの花田紀凱編集長とともに会見し、控訴するとイキっています


ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして慰謝料1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟。12月18日に東京地裁で行われた判決で、鈴木昭洋裁判長は、山口さんに慰謝料など330万円の支払いを命じる判決を下した。
午後2時から都内で記者会見した山口敬之さんは、判決について「内容にはまったく納得できません」として、「すぐに控訴する」と述べた。山口さんが記者会見するのは、伊藤さんが被害を公表してから初めて。
記者会見には、北口雅章弁護士と文芸評論家の小川榮太郎さんらが同席。司会は月刊Hanadaの花田紀凱編集長が務めた。
山口さんは改めて「法に触れる行為は一切していない」と強調した。
判決では、伊藤さん側の主張が認められたかたちだが、「客観的証拠に基づいて伊藤さんの主張の矛盾点を指摘したが、これが検証されることなく、ほぼ無視された。双方の主張の信ぴょう性が問われているのに、私が説明した部分はことごとく否定され、伊藤さんが言ったことを一方的に事実、真実とされている」だと反論し、控訴審で争う構えを示した。
訴状などによると、伊藤さんは2015年4月4日の早朝、就職相談のために食事をした当時TBSのワシントン支局長だった山口さんから、意識を失った状態で性行為を受けるなどした。山口さんの「不法行為」で肉体的・精神的な苦痛を被ったとして、慰謝料1100万円の損害賠償を求めていた。
一方、山口さんは2019年2月、伊藤さんから名誉を毀損されたことで社会的信用や仕事を失ったとして、慰謝料1億3000万円などを求めて反訴したが、判決で棄却された。
(ハフィントンポストの記事から引用)


月刊Hanadaは過去に何度も伊藤詩織さんを中傷する記事を掲載しており、小川榮太郎は山口元記者を擁護する人物です
酒に酔わせた上で暴行するという下衆な手口でありながら、「同意があった」と主張する山口元記者ですが、署名捺印入りの同意書を事前に受け取ってなどいません
ただ、「同意があった」と繰り返しているだけです
それほどセックスしたかったのでしょうか?
ならば数万円持って、性風俗店へ行けばよいものを
さらに伊藤さんを黙らせるため、1億3千万円という慰謝料をふっかけるのも下衆すぎるのでは
山口元記者にすれば安倍首相をよいしょして時流に乗り、テレビ番組出演やら講演、著書の発売で数億円以上稼ぐ機会を目前にしながら、強姦事件の犯人扱いされたため仕事を失ったと恨むのは分かりますが
強姦事件で世間の耳目に晒されなければ、田原総一朗か築地哲也のように活躍していた可能性があります
手玉に取っていたつもりの女性から訴えられ、頭に血が上ったとも考えられますが、冷静に対処して彼女と示談する選択はなかったのかと、訝しく思います(性交した事実は山口元記者も認めているのですから、痴漢冤罪とは違います)
控訴の結果がどうなるにせよ、一度落ちた評判は取り戻せないのであり、ジャーナリストとして活躍する機会を得るのは難しいはずです
とんでもなく高い代償を払うことになりました
他方で、堂々と戦い続けた伊藤さんに敬意を表します
さて、山口元記者は己の名誉を守るため、この事件に言及したブログやSNSを片っ端から訴え、削除しろと要求して回るのかもしれません(それを専門に請け負うIT企業や弁護士がいますので)

(関連記事)
伊藤詩織さん強姦事件 山口元記者の懐事情
https://05448081.at.webry.info/201912/article_37.html
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
https://05448081.at.webry.info/202003/article_14.html
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
https://05448081.at.webry.info/202003/article_15.html
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
https://05448081.at.webry.info/202106/article_1.html
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
俳優新井浩文の強姦事件 懲役5年の判決
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
強制わいせつで逮捕の66歳は女子中学生2人殺害の凶悪犯
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持