スノーボーダー国母和宏 大麻で懲役3年求刑

スノーボーダーの国母和宏が大麻の密輸等で起訴された裁判の話題です
1月8日の公判では反省を口にしたものの、大麻の使用は「英語を話せない日本人が周囲に馴染むためには大麻を吸うこともコミュニケーションの1つだった」と、14歳でアメリカやカナダへスノーボード訓練のため滞在していたときから大麻を使用していたと語っています
裁判官から「大麻を止めるのか」と質されても口を濁し、明言しないままであり、どっぷり依存しているのが伝わってきます。挙句に「大麻に関わるすべてが違法だとは思わない」と口にしており、今後もあの手この手で大麻使用を継続するつもりなのでしょう
ちなみに国母被告は、アメリカで誰から大麻を購入したのか売人については黙秘しており、捜査段階では所持していたはずの携帯電話の提出を求められたましたが拒否しています
販売人の身元を秘匿し、今後も継続して購入する気満々なのでしょう


米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反と関税法違反の罪で起訴された元五輪代表でプロスノーボーダーの国母和宏被告(31)の初公判が8日、東京地裁で行われた。被告は起訴内容を認め、「すごくたくさんの人に迷惑を掛けたので本当に反省しています」と謝罪。検察側は懲役3年を求刑して結審した。
ややダボッとしたズボンの黒スーツ姿で入廷した国母被告は、裁判官に大麻を始めた時期を問われ「14歳から北米で」と衝撃告白。さらに「大麻に関することが全て違法なこととは思っていません」などと述べた。
弁護側の被告人質問はスノーボーダーとしての偉業を振り返る異例の内容に。「自分の夢は(競技中の映像が世界的に紹介される)ムービースターになることでした」「ハーフパイプとバックカントリーの両方で、いちばんレベルの高いところで両立してやれているのは世界にも(自分以外には)いません」「アメリカでは自分の名前は売れているので」。プライドを誇示する言葉を連発すると、弁護側は裁判官に「被告はイチローと同じく国民栄誉賞級の人物。早期の社会復帰を」と刑の軽減を求めた。
起訴状によると、被告は知人の男=昨年12月に有罪判決が確定=らと共謀し、2018年12月に米国から大麻ワックス約57グラムを密輸したなどとしている。
被告は2010年のバンクーバー冬季五輪での「腰パン」姿が問題視され「反省してまーす」「ちっ、うるせーな」の発言で批判を浴びた。判決は28日に言い渡される。
(スポーツ報知の記事から引用)


初犯だから執行猶予付き判決を下すものとは思うのですが、執行猶予期間中もアメリカかカナダで大麻吸引を繰り返すのは確実でしょう
日本以外でなら犯罪にならない、と舐め切っており、依存状態にあると自覚しつつも大麻と手を切るつもりは微塵もないのですから、執行猶予の意味は皆無です
スノーボーダーとしてトップレベルの競技者だったとは言い難い実績しかないのですが、「イチローと同じく国民栄誉賞級の人物」と持ち上げているところが謎です
スノーボード関係者から、彼の刑罰軽減を求める署名が提出されているのだとか。しかし、その署名は競技者としての彼を思いやってではなく、大麻くらいで逮捕するなという、大麻にどっぷりハマった人たちの主張ではないか、という気がします

(関連記事)
オリンピック国母選手騒動は何だったのか?
五輪エンブレム 「誰が佐野研二郎を殺すのか?」と書くメディア
五輪エンブレム 盗作疑惑で撤回するドタバタ劇
新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
韓国冬季五輪開催危機 日本に助けを求める?
キス騒動橋本聖子 スケート連盟会長居座り
橋本聖子と高橋大輔のキス騒動
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
「安藤美姫の出産を支持するか」と問う週刊文春のアンケート
猫ひろし 五輪カンボジア代表取り消し
猫ひろし批判 カンボジアのメディア
批判続出 猫ひろしのオリンピック参加問題
猫ひろし カンボジア国籍取得で五輪出場を狙う
2011世界フィギュアの優勝は安藤美姫
オリンピック誘致失敗でオバマ大統領批判される
スポーツドラマの秀作 映画「炎のランナー」
金メダリスト孫楊 ドーピング問題で8年間資格停止