栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決

当時10歳の娘に繰り返し暴行を加え死亡させた父親、栗原勇一郎被告に対する判決公判で千葉地方裁判所は懲役16年の実刑判決を言い渡しています。悪質な犯行であり、狂気の沙汰とも言える虐待を繰り返し行った勇一郎被告ですが、殴る蹴るの暴行の事実は最後まで認めませんでした


千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が昨年1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死などの罪に問われた父親、勇一郎被告(42)の裁判員裁判の判決公判が19日、千葉地裁であり、前田巌裁判長は懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。
これまでの公判で勇一郎被告は傷害致死罪の成立を争わないとした一方、「シャワーで冷水を浴びせ続けるなどの暴行をしたことはない」などと起訴内容を一部否認。弁護側は、心愛さんのための教育が「結果として行き過ぎた行動になった」とし、日常的な虐待を否定していた。
被告人質問では、犯行に至る経緯や状況を巡り、証人として出廷した心愛さんの母親(33)らの証言と食い違う説明を繰り返した勇一郎被告。これに対し検察側は、心愛さんに責任転嫁して自らの行為を正当化していると非難。「同種事案の量刑傾向を大幅に上回る量刑」として懲役18年を求刑した。
起訴状によると、勇一郎被告はおととし12月30日~昨年1月3日ごろ、自宅で、心愛さんに暴行して胸骨骨折などのけがを負わせ、22~24日には心愛さんに食事を与えず、シャワーで冷水を浴びせ、飢餓や強いストレス状態にさせて死なせたなどとされる。
(千葉日報の記事から引用)


ヤフーニュースには心理カウンセラー山脇由貴子のコメントが紹介されていますので、一部を引用します
勇一郎被告の心理
勇一郎被告はなぜ、傷害致死の罪は争わない、と言いながらも虐待を否定し続けたのか。
勇一郎被告は、今でも正しいことをした、と思っているのだろうと思います。自分のやったことは虐待ではなく、あくまでしつけの為、子どもの為。家族の幸せを考えていた。未だに、自分のやったことを正当化し続けている。児童相談所や教育委員会い対してしてきたように。
児童相談所で働いていた時、虐待を否定し続ける親にはたくさん出会いました。認める親の方が少数でした。認めない親たちは、否定し続け、子どもが嘘をついているんだ、と言いました。「この子、嘘をつく子なんです。」と子どものせいにして。勇一郎被告の態度は、その親達の態度と一致しています。勇一郎被告は心愛さんに暴力を受けていたというのは、嘘だという手紙を書かせていますから、被告はずっと「自分は悪くない、心愛が嘘をついている」言い続けているわけです。
それでも、裁判という場でもその主張を続けたのは、許せないとしか言えません。児童相談所とは違うのです。勇一郎被告は、「自分はやっていない」という主張を繰り返しているうちに、記憶すらも修正してしまっているのかもしれません。自分の都合の良いように。
ですが、心愛さんの母親の証言や担任の先生、担当の児童相談所職員の証言を全て嘘だと言い、何よりも裁判の場でも「心愛が嘘をついている」と主張したことには誰もが強い憤りを感じたと思います。動画を示されても、心愛さんが自分でやったのだと主張したことも。反省していない。それだけは間違いないと言えます。


勇一郎被告が抱いていたと推測される、虐待を繰り返すことによって性的快楽を追及する異常な性癖については、裁判で争点にならず触れられないままでした。そこは勇一郎被告として絶対に触れられたくない部分であったはずです。それだからこそ、公判で検察側に追及してもらいたかったのですが(勇一郎被告は公判で見せていた仮面をかなぐり捨て、激怒し、たじろぎ、混乱し、喚き散らしたものと思われます)
判決と言う結論はともあれ、そこまで揺さぶり、核心へ踏み込んでいたらもっと別の裁判になったはずです

(関連記事)
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
https://05448081.at.webry.info/202004/article_1.html
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存
こどもへの虐待を考える 我が家の教育方針
虐待を発見しながら報告しない学校の屁理屈
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
実の娘と強制性交も無罪の判決
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
神戸児童相談所 小6女児を深夜に追い返す