NGT48事件 和解成立の不思議

NGT48での山口真帆襲撃事件で、運営会社「AKS」が襲撃犯グループに対し民事訴訟を提起した件で、和解が成立したと報じられています
和解案を巡って原告側、被告側の思惑の違いがあり、和解は決裂と見られていたのですが、唐突に和解が成立した感があります
当事者である山口真帆を証人として呼ばないとされた時点で、何を巡って争っているのか意味不明な裁判になっていました(名目は迷惑ファンの行動によるNGT48の活動が妨害されたので、逸失利益の一部に相当する3000万円を支払え、というものです)
被告側は山口真帆がファンと個人的な繋がりを持っていた決定的証拠がある、と嘯いており、勝訴する気満々の様子でした。が、なぜか和解を選択し、数百万円の和解金を支払うという敗訴に等しい条件を呑んだのですから、実に不可解です


新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)に対する暴行問題をめぐり、運営していた「AKS」(東京、現ヴァーナロッサム)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判は8日、新潟地裁で和解が成立した。AKS側代理人弁護士への取材で分かった。合意した和解条項には、男性2人側がAKS側に数百万円の損害賠償金を支払うことや謝罪文の提出のほか、今後、NGT48を含むAKB48グループのイベントに行かないことが盛り込まれたという。
前回の弁論準備手続で、同弁護士は「原告と被告の主張はすでに出尽くしている。NGT48のメンバーの潔白もある程度証明できた。これ以上事態を長引かせるのは得策ではない」と和解の可能性を示唆していた。
この裁判は、AKSが昨年4月、「(暴行問題の)真実を明らかにする」などとして提訴。第1回口頭弁論以外は、非公開の弁論準備手続で行われた。AKSは「暴行事件でNGT48の芸能活動が休止した」などと主張。男性2人は争う構えを見せ、「暴行はなかった」などと反論していた。
(産経新聞の記事から引用)


和解交渉を巡って何があったのか、後日芸能週刊誌等の報道で明らかにされるのでしょう
しかし、冒頭でも書いたように、無職でプラプラしている被告2人が数百万円を支払ってまで和解に応じるというのは、不可解でしかありません。余程の事情があったと推測されます
もちろん、和解したとして、事件に関しては何も明らかになっていないのであり、すっきりしないままです
研音へ移籍した山口真帆はこの裁判に一切関与していないのですから、これもまた随分と奇妙な話です。山口真帆もこの件については何もしゃべるな、と研音側から釘を刺されているのでしょう
外見上はAKSの勝利ではあるものの、NGT48の活動停止とブランド力低下を勘案すると損失の方が遥に大きかったはずであり、誰も勝者とは言えない裁判でした
ファンとつながりを持っていたとされる疑惑のメンバーはそのままであり、疑惑が晴れたわけでもありません
今後の活動で失地を回復とはいかないでしょう

(関連記事)
NGT48事件「山口真帆こそファンとつながっていた」と明かしたAKS吉成社長
NGT48事件の民事訴訟 迷惑ファンとAKSの言い分
NGT48事件民事訴訟 悪質ファンが反論
NGT48事件で迷惑ファンに3千万円の賠償請求
NGT48事件 元総支配人戸賀崎智信が釈明会見をする?
NGT48事件 襲撃犯を民事で提訴
NGT48事件の闇 すべては山口真帆のせい?
NGT48暴行問題 第三者委員会報告に批判噴出
今村悦朗元NGT48劇場支配人ら解雇
欅坂握手会にナイフ男 幕張メッセ
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
AKB襲撃事件 握手会商法破綻
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
AKB高橋みなみの母淫行で逮捕も各メディアは報道せず
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
前田敦子 泥酔し尻丸出し
前田敦子泥酔事件に女性は共感
24時間テレビはなぜか前田敦子卒業ライブ中継予定
AKB前田敦子主演ドラマ 視聴率5%の大コケ
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ