金メダリスト孫楊 ドーピング問題で8年間資格停止

ロンドンオリンピックの400m自由形でオリンピック新記録で金メダルを獲得し、1500m自由形では自らの持つ世界記録を更新して金メダルを獲得した中国の孫楊に対し、2018年のドーピング検査の際の妨害行為に関して、スポーツ仲裁裁判所は8年間の資格停止を言い渡しています
ドーピング検査を妨害し、検体サンプルを破壊する行為があったというものです。ただし、孫のドーピング疑惑は2014年アジア大会でも浮上し、興奮剤「トリメタジジン」の陽性反応により3か月の資格停止処分を受けています


競泳界のスーパースター、孫楊(中国)に対する世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の告発を受け、CASは2月28日に裁定を公表。2018年9月に実施されたドーピングの抜き打ち検査の際、選手側が血液を採取した容器をハンマーで破壊するなど妨害行為に及んだ容疑を「有罪」と認定し、8年間の資格停止処分を言い渡した。
これを不服とした孫楊と彼の弁護団は、すぐさまスイス連邦最高裁判所への提訴を宣言。最終決着はファイナルラウンドに持ち越される。
そんななか、CASがあらためて事件の一部始終をレポートにまとめて公開したのだ。抜き打ち検査の生々しいやり取りが事細かに記され、新事実も発覚している。
検査が行なわれたのは、2018年9月4日の夜。中国の杭州市にある孫楊の別荘だった。派遣されたのはドーピングコントロール検査官(女性)、尿採取の担当者(男性)、血液採取の担当者(女性)の3人。それぞれが正式な資格を持つ者であることを証明するIDまたはライセンスを選手側に提示した。孫楊のほか、彼の母である楊明さんも立ち会ったという。
3人の身元を確認した孫楊は承諾書にサインをし、まずはふたつの血液検体採取に応じた。孫楊側はのちに初期段階で身分証明書を提示されなかった、そこに不備があったと強く主張したが、この点において明らかな相違がある。彼は検査官たちをしっかり認知し、最初から受け入れていたということだ。
検査官が厳重な鍵のかかったボックスに容器を収めた直後、問題が起こった。
尿検査の担当者が、孫楊の写真を数枚撮影。この行為に違和感を覚えた孫楊が「プロフェッショナルじゃない!」と騒ぎ立て、もう一度、その身分証明書を見せるように詰め寄った。「これは居住者IDでしかない」と断じて、彼が担当するはずだった尿の採取を拒否したのである。
孫楊と母親は即座に、電話でスタッフに招集をかけた。まもなくして駆け込んできたのが専属ドクターで、彼は中国代表チームドクターや国内ドーピング機関の専門家などに次々と電話で相談。最終的に医師団は孫楊に対して、「検査チームすべての身分証明書に不備があり、基準を満たしていない」と疑いをかけ、血液サンプルの持ち出しを断固拒否するよう進言した。
リーダーである検査官は、抵抗する。「サンプルを取り上げることは正規の検査で違反を犯すよりも、重大な過失につながる。考え直したほうがいい」と警告もした。だが孫楊は強硬な姿勢で容器を寄越すように迫り、検査官はボックスから取り出して彼に手渡した。WADAが「脅迫的な言動」と表現したのは、まさにここでのやり取りだ。
やがて孫楊はボディーガードに検体の入った容器をハンマーで壊すように指示。その際にも検査官との間で押し問答があったが、結果的に容器は壊された。
(THE DIGESTの記事から引用)


この件で国際水泳連盟はなぜか孫側の主張を受け入れ、不問にしています。これに対して世界反ドーピング機関(WADA)が上記のようにスポーツ仲裁裁判所は提訴し、8年間の資格停止処分となりました
孫楊の競技成績は2011年から急激に伸びており、この辺りから薬物使用に手を染めたのかもしれません
まあ、それでも中国では英雄扱いなので、国家ぐるみで彼を守ろうとするのでしょう
8年の資格停止は妥当な処分であり、現在28歳なので競技生活は引退せざるを得ないと推測されます
上記の記事では、孫楊が検査員の態度に問題があったと感じたように書かれていますが、そこは大いに疑問です。むしろ、孫の方がドーピング検査を受けるのはまずい、と感じたがゆえに、検査員の言動を口実にして血液サンプルを破壊したというのは実際でしょう
こうした孫の態度を許したなら、今後ドーピング検査などできなくなってしまいます

(関連記事)
中国陸上「馬軍団ドーピング」の事実
日本と中国のサッカー 監督の差?
中国サッカー アジアカップでも惨敗
アジア大会サッカー 日本は3-0で中国に快勝
サッカー日本戦の敗北にうろたえる中国
中国のマラソン国旗問題 愛国押し付けは害悪と批判
「リオ五輪日本は遺伝子を高めた結果」と書く中国メディア
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国
リオ五輪「安倍・マリオ」を揶揄する韓国メディア
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア
スノーボーダー国母和宏 大麻で懲役3年求刑
柔道金メダリスト内柴被告に懲役5年の判決
柔道メダリスト内柴正人の強姦事件裁判
メダリスト内柴正人準強姦事件公判で無罪を主張
準強姦で逮捕の金メダリスト内柴容疑者を擁護するブログ
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇