埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕

66歳の父親と65歳の母親を殺害したとして、36歳の息子が逮捕されました。親殺し、子殺しは昔からある犯罪ですが、家庭内の事情に第三者が介入するのは難しいだけに、殺人に至ってようやく家庭内の問題を第三者が知るというケースがしばしばあります
逮捕された36歳の息子が引きこもりのニートだった可能性も考えられます。親が年金暮らしでしょうから、息子の将来を案じ仕事をしろと言い聞かせていたのかもしれません

24日午前6時15分頃、埼玉県富士見市ふじみ野西のマンション室内で、男女2人が血を流して死亡しているのが見つかった。県警東入間署は、直前に「お父さんとお母さんを殺してしまいました」と出頭してきた、この部屋に住む無職吉留貴裕容疑者(36)を、男性に対する殺人容疑で逮捕した。
死亡していた男女は吉留容疑者の60歳代の両親とみられ、同署は女性を殺害した容疑でも調べる。
発表によると、吉留容疑者は男性を刃物のようなもので殺害した疑い。調べに対し、「殺したのは事実です」と話しているという。吉留容疑者は両親と3人で暮らしていた。
現場は東武東上線ふじみ野駅から西に約500メートル離れた住宅街。
(読売新聞の記事から引用)

殺害を認めているのですから、殺人罪の容疑で取り調べるのは当然です。遺体には複数箇所の刺し傷があった以上、傷害致死とは考えられないのであり、殺意を持って幾度も刺したと推測できます
ただ、吉留容疑者は自ら警察に出頭していますので、自首が認められ刑一等を減じる判決が下されるはずです
事件の背景など詳細が判明次第、また言及するつもりでいます
さて両親を殺害した事件として自分の記憶にあるのは、1980年11月に起きた「金属バット殺人事件」です。2浪中の受験生が両親を金属バット殴り殺し、世間を震撼させました。詳細は以下のサイトを参照願います
川崎・浪人生金属バット親殺し
http://yabusaka.moo.jp/kinzokubatto.htm
検察の求刑は懲役18年でしたが、精神鑑定で発達障害があると指摘されたこともあってか、判決は懲役13年です。2人を殺害した事件としては異例なほど、軽い判決でした。刑務所服役は初めてで長期刑の受刑者である彼は千葉刑務所に収容され、刑期満了で釈放されています
刑務所を出たのが40歳前ですから、まだまだやり直せる年齢です。果たしてどのような人生を歩んだのか?
週刊誌の記事では実兄と和解した、と書かれていたのを読んだ記憶があります

(関連記事)
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
ttps://05448081.at.webry.info/201912/article_21.html
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令