裏口入学事件 佐野太ら公判で無罪を主張

東京医大での裏口入学事件で、ようやく文部科学省元局長佐野太被告の裁判が始まりました
起訴されている東京医大の前理事、前学長と、仲介役のコンサルタントの3人を含め、全員が無罪を主張していると報じられています
4人とも起訴後に釈放されていますので、口裏合わせも済んでいるのでしょう


文部科学省の私立大支援事業をめぐる汚職事件で、受託収賄罪に問われた同省元科学技術・学術政策局長、佐野太被告(60)ら4人の初公判が6日、東京地裁(西野吾一裁判長)であり、4人はいずれも起訴内容を否認し、無罪を主張した。
罪状認否で佐野被告は「点の加算がなくても息子は合格していた。賄賂は存在しない」と主張。「いくら自分の息子がかわいいとは言え、不正をしてまで合格させたいと考えたことは天地神明に誓って一度もない」などと述べた。
佐野被告以外の3人は、贈賄罪に問われた東京医科大の前理事長臼井正彦(79)と前学長鈴木衛(71)、受託収賄ほう助罪に問われた医療コンサルタント会社元役員谷口浩司(49)の各被告。いずれも「加点は自分が勝手に指示したもので、一切佐野被告には言っていない」(臼井被告)などと述べ、無罪を主張した。
検察側は冒頭陳述で、佐野被告側が臼井被告と会食した際、息子が浪人して東京医科大を再受験することを伝え、「来年は絶対大丈夫だと思います。あと5点、10点欲しい」などと伝えたと主張。同大の事業計画書が分かりやすい内容になるよう自らも助言、指導していたとした。
起訴状によると、佐野被告は文科省官房長だった2017年5月、谷口被告が手配した東京都内の飲食店で臼井被告と会食。支援事業の対象校選定で東京医科大が有利になるよう依頼を受け、見返りとして18年2月に同大を受験した息子を臼井、鈴木両被告によって不正合格させたとされる。 
(時事通信の記事から引用)


この事件に絡んで東京医大の入学試験のカラクリは既に調べがついており、毎年10名ほどを不正入学(入試の点数に加点する方法で)させていたと露見しています。もちろん、佐野被告の息子も含めて
ですから、佐野被告が不正は知らなかったと弁解しても信用できません。仲介したコンサルタントが入試で便宜を図ってもらえると、佐野被告に説明していたでしょう
これで4人とも無罪判決となったのでは、日本中の受験生とその親が怒ると思います。「裏口入学、入試での不正を約束はしていないが、阿吽の呼吸でそうなってしまった」などという釈明が通用するはずはないと信じたいところです
当ブログでこれまでにも言及してきたように、佐野太の息子は入学試験直前まで海外旅行をし、遊び呆けていました。つまりは入学試験で合格基準に達していなくても、加点されて合格できると知っていた可能性大でしょう
息子を証人として法廷に立たせてはどうでしょうか(嘘の供述をすれば偽証罪で刑事罰を課すことができますし)


(関連記事)
裏口入学事件 文科省佐野太は無罪を主張か
東京医科大裏口入学 2年間で19人も
裏口入学事件 文科省局長佐野太の闇
東京医大 裏口入学毎年10人
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
「民進党代表に前川喜平が相応しい」と書くトンデモ記事
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 懲役3年6月の実刑判決
慶応大韓国人准教授の学歴詐称事件
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
個人情報流出 年金機構の釈明がウソだらけ
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分