立民党石垣議員 安倍首相を揶揄し謝罪に追い込まれる

安倍首相の辞任表明を受け、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員はツイッターで「大事なときに体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と書き込み、これが大批判を被る結果になったと報じられています
誰しも病気になる可能性があり、時には辞職を決意しなければならない事態も起こり得るでしょう。石垣議員の発言は病気になる人間は「危機管理能力を欠いている」と断定、一方的に批判するものであり、ひどい中傷です
しかも、ツイッターで批判を受けても開き直り、さらなる攻撃的発言をしており、いかにネジ曲がった思考回路の持ち主であるかと呆れる展開になっています
立憲民主党の福山幹事長が石垣議員に電話をして発言を咎めた結果、ようやく自身の発言の非を認め、謝罪をツイッターに公開したという顛末です。幹事長から叱られるまでは、自分の発言は間違っていないと意地になっていたのでしょう


立憲民主党の石垣のりこ参院議員は28日、辞意を表明した安倍晋三首相について、自身のツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と投稿した。ツイッター上で「不適切な発言」との批判が相次ぎ、同日夜、同党の枝野幸男代表は記者団に「きちんとした対応をとるように指示した」と説明した。
石垣氏はツイッターに「総理といえども『働く人』。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します。が、『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきです。その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます」と投稿した。
さらに続けて「第一次政権も体調不良でお辞めになり、この八年の間もなんども健康不良説が流れたわけです。なのに『安倍しかいない』と押しつけてきたわけです。もし自民党が会社ならば、これほどブラックな職場もないでしょう」と書き込んだ。
これに対し、ツイッター上では「難病と付き合いながら働いている人がどれぐらいいるのか、知らないのだろうか」「政策に対する評価と総理の体調の話は全く別物」などと批判が殺到。作家の乙武洋匡さんも「(石垣氏の)アクロバティックな表現にこそ、まったく危機管理能力を感じないのだが……」と投稿した。
その後、石垣氏はツイッターに報道機関向けの文書を添付して投稿。「(安倍首相が)職責を十分に果たせるような措置をとりませんでした」として、批判の対象は政府・与党側だったことを強調した。
しかし、枝野氏は同日夜、石垣氏の投稿について記者団に「私も適切ではないのではないかと受け止めた」と指摘。石垣氏は深夜になって、同党の福山哲郎幹事長から連絡があったことをツイッターで明らかにし、「疾病やそのリスクを抱え仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省しお詫(わ)びします」と謝罪した。
’(朝日新聞の記事から引用)


この記事を書いているのが朝日新聞であるというのがミソなのですが、もう少しピリッと皮肉を効かせてもらいたかった気もします
石垣議員自身は安倍首相辞任表明にあたって思うところを述べただけ、なのかもしれませんが、多くの人から批判を受けたため逆上し、己の見識こそ正しいのだと意地になってツイッターに書き込みを続けていたと考えられます
福山幹事長から叱られても、自分の発言に非があるとは認めず抗弁したのかもしれません。最終的にはツイッター上で謝罪を表明すると譲歩したものの、彼女自身不満たらたらだったと想像できます
石垣議員は自分の発言を咎めた人たちを安倍晋三首相の支持者、応援団に違いないと思い、難癖をつけられたと感じたのか?
ともあれ、石垣議員の発言は社会的な弱者に寄り添う態度とは思えませんし、敵を攻撃するためには手段を選ばない冷酷さが感じられます。特に石垣議員の場合、その発言が問題視された過去があります。彼女は己の発言を微塵も反省していないのでしょう
立憲民主党の方針なのかどうかはともかく、安倍首相を攻撃するためなら何を言ってもよいのだ、との雰囲気が立憲民主党から感じられるのであり、とても支持する気にはなれません

(関連記事)
民間人を「ファシスト、レイシスト」攻撃 立憲民主党石垣のり子議員
ツイッター発言を批判され炎上 民主党前議員
政治学者白井聡 松任谷由実に「早く死んだほうが」と暴言
民主党外務政務官 海外出張でエステに買い物三昧
SMバー批判の菊田議員へ非難轟々
仕分け第二弾前に蓮舫議員の醜い言いわけ
災害対策予算を仕分・削減した蓮舫大臣に批判殺到
蓮舫がなでしこ祝福も「スポーツ予算削減の張本人」と批判される
蓮舫発言「日本は若者への歴史教育が足りない」
偽メール事件の永田寿康元議員自殺
永田議員偽メール事件男を詐欺容疑で逮捕
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
暴言・暴行で豊田真由子議員が自民を離党