池袋暴走事故 無罪主張の狙い

池袋暴走事故で在宅起訴された飯塚幸三被告の裁判が始まっていますが、初公判で過失は一切ないと全面否定しています
車(プリウス)に何らかの異常が生じたため、と主張しているのですが、飯塚被告にしろ弁護人にしろ、それを立証するのは困難と考えられます。昔ならば、「車に何らかの異常が生じた可能性を否定できない」と、異常発生を100%否定できないのならば被告人の利益にするべきだとの考えで無罪を言い渡したのかもしれません
しかし、現代ではプリウスに事故直前、運転者がアクセルやブレーキを操作したかどうかデータとして残っているため、車本体に異常はなかったと推認できるのであり、飯塚被告の主張は無理筋です


池袋暴走事故の飯塚被告は実刑判決でも「執行停止」か…90歳以上で初収監の前例は?
昨年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し11人が死傷した事故で過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)が初公判で「車に異常が生じた」として自身の無罪を主張した。その姿勢に批判の世論が高まっている中、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は16日、当サイトの取材に対し、飯塚被告が仮に実刑を受けても「年齢の壁」によって執行停止となり、「収監されない可能性が高い」と指摘した。
(中略)
刑事訴訟法第482条では、「懲役、禁錮又は拘留の言渡を受けた者」について以下に列挙したケースがある時は「執行を停止することができる」とされている。
(1) 刑の執行によって、著しく健康を害するとき、又は生命を保つことのできないおそれがあるとき
(2)年齢70年以上であるとき
(3)受胎後150日以上であるとき
(4)出産後60日を経過しないとき
(5)刑の執行によって回復することのできない不利益を生ずるおそれがあるとき
(6)祖父母又は父母が年齢70年以上又は重病若しくは不具で、他にこれを保護する親族がないとき
(7)子又は孫が幼年で、他にこれを保護する親族がないとき
(8)その他重大な事由があるとき 
飯塚被告の場合は(2)に該当する。
小川氏は「刑事訴訟法428条では『70歳以上』となっているが、今は70代になって初めて刑務所に入る人は多く、珍しくはない。車いす生活の人もいれば、医療刑務所に入ることもできる。法務省の関係者に聞いたところ、『刑事収容施設法』では90歳などと年齢は明文化されていないが、実務上、収監されない可能性がある。
(以下、略)


上記の記事にあるように、90歳を超える高齢者であれば収監される可能性はほぼないと言えます
ですが、飯塚被告は「有罪判決を受けたけれども刑務所には収監されない」という扱いすら我慢できないのでしょう
高級官僚としてのキャリアに一点の傷もあってはならないと考えているのか、とことん無罪を主張し、東京地方裁判所で有罪判決が下されたなら控訴し、それでもダメなら最高裁にまで持ち込む気だと思われます
裁判中に死亡すれば、有罪判決は確定しないまま裁判は終了します。現在89歳ですから、最高裁まで争い判決が下されるのは2年先か、3年先になるか?
どれだけバッシングを浴びようと、考えを変える気はないのでしょう。あらためて業の深さを感じます
当然ならが被害者遺族側は過失を認めようとしない飯塚被告と示談に応じるはずはなく、交渉は暗礁に乗り上げたままでは
事故の後始末もしないまま飯塚被告が死亡するとなれば、何とも迷惑な話です

(関連記事)
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如