前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に

2018年1月、新学期の始業式のため登校途中だった女子高生2人が車にはねられ、1人が死亡、もう1人が重傷を負う事故がありました。運転していた老人は物損事故を繰り返すなどして、家族から車の運転をやめるよう強く諌められていたのですが、家族の目を盗んで車に乗り走り出していました
その後、前橋地方裁判所では判事のとんでもない判断による無罪判決が示され、多くの人が不審感を抱き、怒りを覚えたところです
ところが控訴審で、被告側は自ら有罪を認める方針であると報じられています。「被害者に申し訳ない」という被告の家族の意向が強く反映しているのだと読売新聞が記事にしています


「被害者に申し訳ない」家族意向受け、88歳被告が有罪主張へ…1審無罪の高校生死傷事故
高校生2人を乗用車ではねて死傷させたとして自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われ、1審・前橋地裁判決で無罪とされた被告が、6日から東京高裁で始まる控訴審では一転、有罪を主張する方針だ。「被害者に申し訳ない」と訴える家族の意向に被告が同意し、罪を認めるという。異例の展開に、高裁の判断が注目される。
前橋市の無職川端清勝被告(88)は2018年1月9日、同市内の県道で、自転車で登校中の女子高校生2人を乗用車ではね、1年生の太田さくらさん(当時16歳)を死亡させ、もう1人にも重傷を負わせた。
今年3月の地裁判決は、被告が持病の薬の副作用で意識障害を起こしていた可能性があり、事故は予見できず、運転を控える義務はなかったとして、被告側の主張を認めて無罪(求刑・禁錮4年6月)とした。検察は控訴した。
以前にも物損事故を起こした被告に、運転をやめるよう再三説得していたという被告の家族は取材に対し、「家族として責任を痛感し、無罪を受け止められない」と述べた。判決や被告を批判するインターネット上の中傷も「つらかった」と語った。
控訴審で選ばれた新たな弁護人は、家族の話や裁判記録を踏まえ、被告が目まいの症状で病院を受診していたことなどから事故を予見できたとして、検察側の主張を全面的に認める方針だ。現在は福祉施設で暮らす被告も、「運転を控えるべきだった」と納得しているという。
被告の家族が有罪を求めることについて、交通犯罪に詳しい東京都立大の星周一郎教授(刑法)は、「最近みられる高齢ドライバーによる事故の極端な一例で、被告家族の苦悩が伝わる。ただ、被告家族の処罰感情が裁判に影響することはない」と語る。「関東交通犯罪遺族の会」顧問の高橋正人弁護士は、被告家族の主張に理解を示しながら、「公判に直接的な影響はなく、裁判官は証拠から予見可能性を客観的に判断することになる」と指摘する。
太田さんの両親は代理人を通して談話を公表し、「私たちが望むのは、被告が責任に正面から向き合い、罪を償ってくれることです」とした。その上で、「『運転すべきでない人が運転した』ことが、問題であることを明らかにする判断をしていただきたい」と求めた。
(読売新聞の記事から引用)


前橋地裁のとんでもない判決については、以前の記事「前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う」で紹介していますので、関心のある方はそちらも読んでください
控訴審でもう少しまともな判断が下されるのを期待します
死亡事故なので、民事としては保険会社から被害者遺族に保険金が支払われているとは思いますが、それで遺族が納得できるものではありません
記事では有識者が、川端被告の家族の気持ちがどうあれ判決に反映されるものではないとした上で、証拠と法に基づいて判決が下されると当たり前の話をしています。が、当事者である川端家の人間にすれば針の筵に座らされた気持ちでしょう
この記事を池袋で母子を轢き殺した飯塚幸三に100万回くらい読んで聞かせてやりたいものです

(関連記事)
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
https://05448081.at.webry.info/202011/article_43.html
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
https://05448081.at.webry.info/202109/article_28.html
池袋暴走事故 無罪主張の狙い
https://05448081.at.webry.info/202010/article_28.html
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
女性をボンネットに乗せ暴走 住職逮捕
https://05448081.at.webry.info/202104/article_8.html
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如