「H2Aロケットがデータ中継衛星打ち上げ成功」を妬む韓国

昨日(11月29日)、人工衛星による観測データや画像を高速通信で地上に中継できる「データ中継衛星」を積んだH2Aロケットが打ち上げられ、所定の軌道への衛星投入に成功しました
H2Aロケットはこれが43回目の打ち上げになります
残念ながら日本の主要なメディアはコロナ報道にリソースを割いており、この打ち上げの記事は随分と小さいものになっています
「ところが」と言いますか、「やっぱり」と表現するべきなのか、韓国メディアが随分と大きく扱っています
中央日報の記事から引用します


日本が新型の軍・民兼用通信衛星を打ち上げた。この衛星が正常に作動すれば、日本は北朝鮮を含む韓半島(朝鮮半島)をさらに詳細に偵察する能力を備える。
日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、29日午後4時25分ごろ、鹿児島県の種子島宇宙センターから新型通信衛星がH2Aロケットで打ち上げられた。三菱重工業が開発したH2Aロケットは2段液体エンジン搭載ロケット。この日まで計43回打ち上げて一度しか失敗していないほど優れている。
日本の新型通信衛星は軍・民兼用の光データ中継衛星(DRS)。日本が低軌道(高度200-2000キロ)に乗せた情報収集衛星(IGS)と地形観測衛星(ALOS)のデータを地球に伝送する役割を担う。
IGSは軍事目的の偵察衛星。現在、日本は地上の天気に関係なく偵察する合成開口レーダー(SAR)衛星5基と高性能デジタルカメラと赤外線センサーで高解像度写真を撮影する電子光学(EO)/赤外線(IR)衛星3基の計5基のIGSを運用している。ALOSは環境保護や資源開発用の民間観測衛星。
張泳根航空隊航空宇宙・機械学部教授は「DRSは簡単に言えば宇宙のサーバー衛星」とし「IGSやALOSはすべて低軌道で一日に何度も地球を回るため、日本にある地上基地局との交信時間が短く、高容量データを受けるのに限界がある。このため新型通信衛星は静止軌道(高度3万6000キロ)でIGSやALOSのデータを受けた後、これを日本に送る」と説明した。
日本はすでにDRSを保有していた。2002-17年に「こだま」というDRSが宇宙で通信中継任務を遂行した。しかしこの衛星は日本が本格的なDRSを製作する前に試験的に打ち上げたものだ。
新型DRSは宇宙航空開発研究機構(JAXA)の光衛星間通信システム(LUCAS)を搭載している。このシステムは電波ではなくレーザーで1秒に1.8ギガビット(Gb)のデータを送受信できる。新型DRSを通じて高速で大容量の情報を得ることができるということだ。したがって日本の韓半島偵察能力がさらに向上すると分析される。
これに先立ち日本は6月の閣議で、IGSを10基に増やし、米国と共に弾道ミサイル探知・追跡衛星を開発することにした。名分は「北朝鮮の核・ミサイル対応」だ。
日本は1998年に北朝鮮が発射した長距離ロケット「テポドン1号」が日本上空を通過すると、「宇宙の平和利用原則」に背きながら軍事偵察衛星を打ち上げた。
一方、韓国はまだ偵察衛星を1基も保有していない。2021年-23年に5基(SAR衛星4基、EO/IR衛星1基)の偵察衛星を打ち上げる計画だが、新型コロナウイルス感染症の影響で最初の衛星打ち上げ日程が大きく遅れる可能性が高い。


データ中継衛星(偵察衛星も)が羨ましくて仕方がない、との気持ちが伝わってくる報道です
いつもデンパのような飛ばし記事を掲載している韓国メディアなのですが、こうした記事だけは存外まともな内容だったりします(ただし、日本が運用している偵察衛星の数を間違えてます。光学衛星3基とレーダー衛星5基なのに計5基とは?)
偵察衛星にしろ、陸域観測衛星(ALOS)にしろ、低軌道を回っていますので日本の地上基地局と交信できる時間は限られます。地球の裏側に衛星通信用基地局を設ける手もありますが、偵察衛星のように機密情報を扱う場合は外国に通信用基地局を設置するのは問題があります
そこで地球から遥かに離れた静止軌道上にデータ中継用の衛星を配置し、利用するわけです
データ中継衛星を使うと衛星が観測したデータを送ることのできる時間が9倍になり、1日に平均およそ9時間送信が可能です
上記の記事にもあるとおり、日本は2002年からデータ通信衛星「こだま」を利用してきました。新たに打ち上げたデータ通信衛星は中継可能なデータ量も格段に増えますので、日本の安全保障に寄与するものとなるでしょう
ちなみに韓国も合成開口レーダー搭載の人工衛星を外国のロケットで打ち上げたはずですが(2013年の多目的衛星アリラン3号)、何に使っているのでしょうか?
十分に機能しておらず、偵察衛星並みの情報収集ができていないのかもしれません。活用できていれば、いつものように自慢する報道が出るはずなので

(関連記事)
「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人
最新版韓国宇宙開発計画 「日本に負けないニダ」
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
韓国「偵察衛星を貸して」と頼むも断られる
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
朝日新聞 情報収集衛星を役立たずと批判
日本の情報収集衛星を羨む韓国軍
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
韓国 軍事通信衛星打ち上げ成功
韓国 国産通信衛星の開発に着手?
「固体燃料ロケット開発で弾道ミサイルにもできる」とはしゃぐ韓国
迷走する韓国の宇宙計画
韓国「宇宙開発の遅れ このままでは乞食になる」
オリンピック期間中、韓国気象衛星壊れる
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
韓国のロケット、3度目の挑戦で打ち上げ成功
北朝鮮のロケット技術に嫉妬丸出しの韓国
ロケット打ち上げに執念を燃やす韓国
韓国テレビ H2Aロケットから日の丸を削除し放映
韓国衛星「アリラン3号」成功後の韓国の反応
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
「はやぶさ2」の成功を羨む韓国
「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア
中国大型ロケット制御不能 地表に落下か?