車に女児放置 2人殺害の竹内被告初公判は2月

昨年の夏も暑かったのですが、高松市では女児2人を車に置き去りにし死亡させた母親が逮捕される事件がありました
竹内麻理亜被告は夜中に飲み歩くためこどもを車に残していたと判明し、轟々たる批判を浴びる事態になりました
その竹内被告の初公判が2月15日に開かれ、19日に判決の言い渡しになると報じられています
短い裁判になるのですから事実関係については争わず、情状酌量を求める展開になるものと予想します


去年9月、高松市の駐車場に止めた車の中に幼稚園児の姉妹を置き去りにし、熱中症で死亡させたとして保護責任者遺棄致死の罪に問われている27歳の母親の裁判員裁判が2月15日から始まることになりました。
高松市の無職、竹内麻理亜被告(27)は去年9月、高松市中心部の屋外駐車場に止めた車の中に6歳と3歳の姉妹を置き去りにし、熱中症で死亡させたとして保護責任者遺棄致死の罪に問われています。
高松地方裁判所では事前に争点などを絞り込む手続きが進められていますが、裁判官と検察官、それに弁護士による協議の結果、竹内被告の裁判は2月15日に始まり、3回の審理をへて2月19日に判決が言い渡されるという日程が決まったことがわかりました
2月始まる裁判では竹内被告が姉妹を車内に残したいきさつなどについてどのように証言するかが注目されます。
(NHKの記事から引用)


事件発覚後の報道では、竹内被告が良妻賢母を演じるのに疲れ、酒に逃げるようになった、とする記事もありました。あるいは竹内被告が持病を抱えているとの記事もありましたが、病名は不明のままです
情状酌量を求めるため、公判では育児疲れで精神的に追い詰められていた、と主張するのかもしれません
しかし、世間の母親たちはそんな竹内被告の主張を冷ややかに受け止めるのではないでしょうか?
「わたしだって子育てで疲れているけど、こどもを置き去りにして飲みに行ったりしない」と思う母親が多いのでは
さらに竹内被告が他の男性と不倫関係になったのは致命的です。公判で不倫関係は否定し、「人生相談に応じてもらっていた」と誤魔化すのかもしれませんが
さらに、娘を失った竹内被告の夫と和解が成立しているとは思えませんので、夫が検察側の証人に立ち、竹内被告を強く批判する展開も予想されます。竹内被告にとっては不利な材料ばかりであり、いかに情状酌量を求めようとも執行猶予付き判決はありえず、実刑が科せられるでしょう

(関連記事)
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車内に女児放置 最初から冷房使用せず
車内に女児放置 竹内容疑者は何をしていたのか?
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里子を殴り殺した声優の事件を考える 続報
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者