福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者

この事件は連日、ワイドショーなどで取り上げられているところですが、碇容疑者以上に注目されているのが赤堀恵美子容疑者です
特筆すべきはその嘘の多さであり、年齢詐称は言うに及ばず、偽名も使い、ママ友の間では嘘が多い人物として警戒されていたようです
おそらく嘘が多かったのはこどもの頃からだったのではないか、と推測します。当たり前のように嘘をつき、その言い逃れにまた嘘を重ねる…といった生き方をしてきた人物なのでしょう
取り調べにあたっている福岡県警の捜査員も赤堀容疑者の嘘に振り回されているのかもしれません
さて、赤堀容疑者は現在の夫とは再婚のようです。それ以前、10年以上前に大分県内で結婚生活をしていた当時、多額の借金を残して逃げ出した、と報道されています


福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女である赤堀恵美子容疑者が逮捕された事件。捜査関係者などによると、赤堀容疑者は十数年前に大分県内で結婚したが、1年もたたないうちに、当時の夫らに数百万円の負債を残して突然失踪していた。元夫の親族が西日本新聞の取材に応じ、「返済が大変だった。事件の報道で(赤堀容疑者を)見て驚いた」と話した。
親族によると、赤堀容疑者は当時、元夫と義理の両親と4人で暮らした。元夫の1カ月分の給料を数日で消費するなどし、義母から厳しく注意されたことがあった。
ある朝、赤堀容疑者は車で家を出た。その際、親族が「何時に帰るのか」と聞いたところ、「分からない」と答え、そのまま行方が分からなくなった。その後、赤堀容疑者が元夫の名義で消費者金融から借金をしていたことが判明。使っていた義父名義の携帯電話の月間料金も約20万円に上るなど、請求書が次々と届いたという。
元夫と義理の両親は数年がかりで返済。赤堀容疑者とは連絡が取れず数年後、容疑者方の親族を通じ離婚手続きをしたという。
赤堀容疑者は福岡県篠栗町で再婚した。知人らに「元夫からDV(ドメスティックバイオレンス)を受けたので、約10年前に篠栗町に逃げてきた」と話していたという。元夫の親族は「DVの事実はない」と反論している。
(西日本新聞の記事から引用)


現在の夫は赤堀容疑者が碇容疑者から預金通帳を預かり、1000万円以上を着服していたのを知っていたはずであり、共犯関係にあるはずです。碇容疑者のこどもが餓死した際には、赤堀恵美子容疑者とその夫が駆けつけた、とされています
どうして逮捕しないのでしょうか?
そもそもこの夫が裏で糸を引いていた可能性もあるわけです。当然、警察は任意での事情聴取をしているとは思うのですが
碇容疑者の方も、自分が赤堀容疑者に騙されていたと気づいたようですから、どのようにして赤堀容疑者に操られるに至ったか、詳細に供述しているのでしょう

(関連記事)
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待は経済格差のせい?
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
http://05448081.at.webry.info/201008/article_13.html
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
http://05448081.at.webry.info/201008/article_26.html
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
http://05448081.at.webry.info/201203/article_16.html
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存
こどもへの虐待を考える 我が家の教育方針
虐待を発見しながら報告しない学校の屁理屈
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決