裏口入学事件 「裏口入学と言われ悔しい」

文部科学省科学技術・学術政策局長佐野太が受託収賄の容疑で起訴され、公判が続いています
3月に当ブログの記事で、佐野太被告の息子で東京医科大に裏口入学したとされる息子が公判で証言し、「裏口入学ではない」と言い切ったのは伝えましたが、内容が十分でなかったため補足します
この息子は高校3年生時にも東京医科大を受験していますが、不合格でした。浪人して再度、受験に臨んだわけですが、なんと試験直前にフィリピンのセブ島へ渡り、遊び呆けている様をツイッターに投稿しています。しかも受験前だというのに、「4月からは東京医科大に通う」と公言していたのであり、その時点で入学を確信していたのは明らかでしょう。つまり、父親から「受験したら加点してもらって合格できる」と聞かされていた可能性が考えられます


私立大学研究ブランディング事業に関して便宜を図る見返りに、息子を東京医科大学に不正に合格させてもらったとして受託収賄罪に問われている元文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太被告の公判が3月19日、東京地裁(西野吾一裁判長)で開かれ、息子に対する証人尋問が行われた。2018年4月に東京医大に入学し、現在も学生の息子は「裏口入学と言われ続けとても悔しい。自分が優遇されると聞いたことはなく、父の身の潔白を信じている」と主張し、自身への加点については「全く知らなかった」と答えた。
佐野被告の息子は「自分は現役の時も浪人の時も一生懸命勉強してきた。加点がなくても合格していたにもかかわらず、裏口入学と言われ続けとても悔しい。SNSでの中傷にも必死に耐えてきた」と今の心情を吐露。「公判を通じて真実が明らかになることを願っている」と述べた。
弁護側から、自身への加点をあらかじめ知っていたか問われると「全く知らなかった」と即答し、佐野被告から自身が優遇されると伝えられたことも、佐野被告と東京医大の臼井正彦理事長(当時)の関係を知っていたことも「全くない」と強調した。
浪人時代の年末年始にフィリピンのセブ島へ行った理由については「日本で年末年始を過ごすと気が緩んでだらけてしまう」とし、フィリピン人講師から英語の授業を受けたり、過去問を解いたりしていたと説明した。
東京医大の合格を知った時は「とてもうれしかったが、まだ本命の大学の試験が残っているので気持ちを切り替えた」と説明。その後、昭和大学の不合格が分かった際には「2浪するかどうかを迷った」と言い、佐野被告も2浪を容認する姿勢だったという。結局、正規に合格したのは東京医大だけで、帝京大学と東海大学は繰り上げ合格となった。東京医大を志望し、最終的に入学を決めた理由は「立地がよく、高校の野球部時代の先輩がいたから」などと説明した。
医師を目指した動機は、野球部時代に何度も怪我を負い整形外科医を受診した経験や、佐野被告が病気を患った際に担当医が「家族にも優しい言葉をかけてくれた」ことだと答えた。
検察側は、受託収賄ほう助罪に問われている医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司被告の事務所で受験勉強をしていた経緯について質問。佐野被告の息子は、佐野被告と谷口被告の関係について「たまにゴルフに行く友人だと思っていた。詳しい話は聞いたことがない」と述べ、谷口被告から受けた受験に関するアドバイスについては「激励などは受けたが具体的には覚えていない」と答えた。
(m3.comの記事から引用)

上記の記事が伝える息子の証言を皆さんはどう受け止めるのでしょうか?
法廷に立つ前に想定問答を用意し、検事の質問への答を予め用意していた感ありあり、と自分は感じます。佐野太被告の逮捕から初公判まで2年もかかっているのですから、準備する時間は十分すぎるくらいあったでしょう
親子で口裏も合わせ、リハーサルもしたのではないでしょうか?
もう随分前の話ですが、たまたま地下鉄の車両で医学部受験専門予備校に通う受験生と隣合わせ、彼らの会話を耳にした経験があります
受験の際の口頭試問で、志望動機など説明する必要があるとかで、予備校講師から「そんな動機しか説明できないでどうするのか」とハッパをかけられたと愚痴っていました。おそらくはハッパをかけた後、試験員を納得させられるような受け答えを伝授されるのでしょう
だからといって、医学部受験経験者は法廷での証人質問も無難に乗りこなせるだけのノウハウを身に着けている、と断言したりはしません
ただ、経験を積むのは大事であり、法廷での検事の質問にしどろもどろにもならず堂々と受け答えできるというのは、経験のなせる技かな、と思ったりします。つまり、相当に予行練習を積んだのでは?
検事の質問は、おそらく弁護人が用意した想定問答集の範囲内であったと考えられます
法廷ドラマなら、そうした完璧な受け答えこそ落とし穴になったりするわけで

(関連記事)
裏口入学事件 佐野被告息子も公判で裏口入学否定
裏口入学事件 佐野太ら公判で無罪を主張
裏口入学事件 文科省佐野太は無罪を主張か
東京医科大裏口入学 2年間で19人も
裏口入学事件 文科省局長佐野太の闇
東京医大 裏口入学毎年10人
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
「民進党代表に前川喜平が相応しい」と書くトンデモ記事
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
p://05448081.at.webry.info/201701/article_21.html
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分