眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2

さまざまなメディアが有識者やジャーナリストの口を借りて、小室圭の公表した釈明文について語らせています
自分の感じたところは前回述べたように、「大丈夫か、この人は?」というものであり、宮内庁の西村泰彦長官のように「非常に丁寧に説明されている」と評価する気にはなれませんし、小室母親の金銭問題や対応の経緯を「理解できた」と言う気にもなれません
そもそも宮内庁長官は皇室のスポークスマンという立場でもあり、天皇陛下のお気持ちを代弁する役割もあります。西村長官は小室圭の釈明文についての陛下の反応を確認した上でメディアに語ったのでしょうか?
陛下のお気持ちを確認もせず、「理解できた」などとメディアに申し向け、それが皇室の意向であるかのような印象を振りまくのは大間違いでしょう
さて、今回はAERA.dotに掲載された精神科医香山リカのコメントを引用します。最近はネット右翼叩きに奔走し、壊れてしまった感のある香山リカですが、小室圭の釈明分をどう読んだのでしょうか?
小室圭さん文書に「強いプライド」が見えた理由 香山リカ「怒りの怪物にならないか心配」
https://dot.asahi.com/dot/2021040800094.html?page=1
香山さんが注目したのは、「名誉」という言葉。例えば、金銭トラブルについては「切実に名誉の問題でもありましたし、今でも同じように受け止めています」という表現で自身の見解を述べている。この部分だけでなく、「名誉」という言葉は、文書の複数カ所で見受けられた。これについて、香山さんは小室さんの「自尊心」の表れだとみている。
「文書では何度も『名誉』という言葉が出てきますが、とにかく自分が低く見られたり、軽く見られたりすることはしたくないというプライドのようなものが表れていると思います。小室さんはこの数年、世間からさまざまなバッシングを受け、苦労して過ごしてきたはず。今回の長文の書面を公表した背景には、『世間を見返す』というまではいかないにしても、社会や世間の評判に対する自分なりの反発心のようなものがあったのではないでしょうか」
また、次のようにも指摘する。
「眞子さまとの『結婚』を最優先にするのであれば、早期にお金を返すなどして母親の元婚約者と和解に進んだ方がいいはず。でも、それ以上に、譲れない事柄があったのだと思います。おそらく、母子家庭であることや父親の死に関する報道によって、社会から偏見の目で見られていると感じたのでしょう」
とはいえ、一般の国民にこの文書はどのように映ったのだろう。SNSなどでは、「かわいそう」といった同情の声はあるものの、「メンタル強すぎ」「自分の正統性を主張しているだけ」「長すぎる」など批判的な意見が多くを占める。小室さんの「思い」はなぜ、受け入れられないのか。
「多くの国民は、皇室の人と結婚する人に対しては、『協調性』や『穏やかさ』を望んでいますが、この書面からは自分の名誉を守りたいという、非常に強い“個人の核”が感じられます。世の中が内親王の結婚相手として期待する人物像とはズレがあります。なにより、この文面では、眞子さまとの結婚よりも自分たちの『名誉回復』に重きを置かれているように読めてしまいます」
当然、それは国民からすると受け入れがたく、結果的に今回の文書は言い訳のように映ってしまっているのだろう。
「世間に良い印象は持たれないでしょうし、本人の意図とは違う形でとらえられてしまう。世間に訴えるのなら、こうした論理的な試みよりも、『どうしても眞子さまと結婚したいのだ』という、『情』に訴える方がいいのではないでしょうか。プライドを優先させれば、国民から祝福されるような結婚からはどんどん遠のいてしまいます」(香山氏)
とまあ、ここまでは妥当な見解であるように自分は感じました。しかし、この後に続く香山リカの見解は、はなはだ疑問です
文末には以下のように書かれています

「そうだとすれば、この文面には眞子さまのフラストレーションも入っているのかもしれないですね。自分を取りまく状況や環境に、不満があるのではないでしょうか。紀子さまは皇室に過剰といえるほど適応した方です。そして皇室の理想の一家を作ろうとお努めになられた。子どもたちにもご自身が思う皇室のあり方を強く望み、厳しく接してきた側面があるのかもしれません。今回の騒動は、小室さん自身の問題という小さな話にとどめたくはありません。皇室問題や家族観など、この国における普遍的な問題が絡んでいる。日本のひずみを象徴するものだと思っています」
「今回の騒動は(中略)日本のひずみを象徴するものだと思っています」とは何を言いたいのか?
今回の騒動を香山リカは、メディアと国民がスクラムを組んで小室圭をバッシングした件、とでも?
明らかに小室母息子が対応を誤ったがゆえの騒動、でしょう
小室圭は渡米する前、何度も秋篠宮邸を訪問しています。その折に秋篠宮夫妻に借金問題やら結婚後の生活も含め説明する機会はいくらであったわけであり、それをしなかったのは彼の責任でしょう。あるいは小室佳代が、「皇室の方から援助していただけないか?」と借金の肩代わり申し入れて秋篠宮夫妻を絶句させ、挙げ句には「天皇陛下に会わせてほしい」と言い出して問題をこじらせたわけです。天皇陛下に直接、借金の肩代わりをしてくれ、と言いたかったのか?
日本の国民の多くが、小室母息子に呆れたのは当然でしょう
当然のこととして、そうした不都合な事実に小室圭の釈明文は触れていません。自分の理屈で言いくるめられる部分のみ、取り上げているのです

(関連記事)
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
https://05448081.at.webry.info/202105/article_6.html
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
https://05448081.at.webry.info/202104/article_42.html
小室圭に母親の元婚約者が反論
https://05448081.at.webry.info/202104/article_32.html
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
https://05448081.at.webry.info/202104/article_25.html
小室圭 解決金で解決できるのか?
https://05448081.at.webry.info/202104/article_22.html
小室圭 解決金支払うと方針転換
https://05448081.at.webry.info/202104/article_20.html
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
https://05448081.at.webry.info/202104/article_18.html
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
https://05448081.at.webry.info/202104/article_14.html
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
https://05448081.at.webry.info/201902/article_5.html
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
https://05448081.at.webry.info/201901/article_23.html
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
http://05448081.at.webry.info/201807/article_2.html
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
http://05448081.at.webry.info/201803/article_19.html
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
http://05448081.at.webry.info/201803/article_7.html
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
http://05448081.at.webry.info/201802/article_17.html
眞子様ご結婚延期を考える
http://05448081.at.webry.info/201802/article_13.html
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
http://05448081.at.webry.info/201705/article_16.html
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
http://05448081.at.webry.info/201112/article_3.html
デヴィ夫人が皇太子廃嫡を呼びかける署名活動開始
http://05448081.at.webry.info/201111/article_25.html
日本の皇室に嫉妬する韓国
http://05448081.at.webry.info/201105/article_52.html
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
http://05448081.at.webry.info/201003/article_27.html
学習院で学級崩壊 愛子様不登校事件
http://05448081.at.webry.info/201003/article_14.html
愛子様不登校問題 何が不安なのか?
http://05448081.at.webry.info/201003/article_24.html
愛子様不登校問題 皇族方の学習院離れ
http://05448081.at.webry.info/201003/article_31.html