食中毒「焼肉屋えびす」その後 補償も謝罪もないまま

島田紳助がMCを務め、日本テレビ系列で放映されていたバラエティ番組「深イイ話」で紹介された「焼肉屋えびす」の富山店と福井店で食中毒が発生したのが2011年4月です。番組の中で、上質の和牛の焼き肉を低価格で食べさせる店、として絶賛されました
「焼肉屋えびす」の経営者であった人物は自己破産しており、債務は免除されたのでしょう。これによって被害者は何の補償も受け取れなくなったまま、放置されています
民事手続き上は法律に則った処理がされたわけですが、被害者を置き去りにしたまま決着というのは何とも後味が悪いものです
読売新聞が「焼肉屋えびす」事件の被害者を取材し、記事にしていますので取り上げます

2011年に5人が死亡した焼き肉チェーンの「焼肉酒家えびす」集団食中毒事件は、27日で発覚から10年となる。富山地検が昨年10月、運営会社の元社長ら2人を再び不起訴として捜査は終結した。だが、遺族は「10年たっても事件を忘れることはできない」と、苦しみは癒えていない。
「この10年、誰も謝罪にも墓参りにも来ず、起訴もされなかった。期待をしていたけど、何も変わらなかった」。妻(当時43歳)と義母(同70歳)を失った富山県砺波市の小西政弘さん(58)は自宅の仏壇前でため息交じりにつぶやいた。
小西さんは11年4月23日、17歳になった長女の誕生日を祝うため、家族5人で砺波店を訪れ、全員がユッケを食べた。妻と義母が同5月4、5日にそれぞれ食中毒で亡くなり、子供2人も重症となった。
5年ほど前、警察に呼ばれて行くと、証拠品として保存してあった妻の血液を見せられた。「まだ妻の体の一部がこの世にあるんだ」。不思議な感覚になったが、そこから毎年、命日には「また妻に会えるような気がして警察署の前で車を止め、手を合わせるようになった」。
しかし、昨年10月、元社長らが再び不起訴となったことで、地検からは妻の血液を今後、処分することが伝えられた。「血液もなくなれば妻は完全にこの世からいなくなってしまう。本当は自分が死ぬまで一緒にいたかった」。悔しさとさみしさは募るばかりだ。
◇ 次男の大貴君(当時14歳)を亡くした富山県小矢部市の久保秀智さん(58)は「10年たっても20年たっても同じ。何も変わってない」と苦しい胸の内を明かした。
11年4月22日、大貴君の1日遅れの誕生日祝いに砺波店を訪れた。ユッケを食べた大貴君は溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し、闘病の末、同10月に亡くなった。
昨年10月、地検から2度目の不起訴の方針を伝えられた際は「初めて不起訴にした時と全く同じことを言われ、お手上げと思った」。そのうち「この10年が無駄だったかもしれない」という思いに駆られ、苦しくなった。事件や大貴君の話題を避けることが増えた。
それでも、写真に写った息子の笑顔に、周囲に愛された生前の様子を思い出す。「面倒見がよく、小さい子によく懐かれていた」。生きていれば、今頃社会人になっていたかもしれないが、想像したくてもできない。「私たち家族の時間はあの時で止まっている」
長い歳月で事件の風化も懸念されるが、「私たちのように苦しむ人が出ないよう、二度と繰り返してはいけない」と語気を強めた。
◆「焼肉酒家えびす」集団食中毒事件=2011年4月27日、富山県が「焼肉酒家えびす」砺波店でユッケによる食中毒被害が発生したと発表。富山、福井、石川、神奈川の4県の6店舗で計181人が発症し、5人が死亡した。富山地検は16年5月、業務上過失致死傷容疑で書類送検された運営会社元社長ら2人を不起訴(嫌疑不十分)とした。これに対し富山検察審査会は「不起訴不当」と議決したが、地検は20年10月、再び不起訴とした。
(読売新聞の記事から引用)

余計なことを書きますが、「二度と繰り返してはいけない」との気持ちに敬服し、そうあってほしいとの気持ちには賛同するものの、こうした食中毒事件が毎年繰り返されているのが現実です。鳥の刺身を食べてカンピロバクター中毒になる事件のように、鳥は安全だと思いこんでいる料理店にも問題はありますが、食べる側も「生肉は危険」という認識を持つ必要があります
さて、元経営者にすれば会社が倒産して何もかも失ったのであり、「これ以上、オレに何をしろと言うのか」状態だろうと思われます
別の報道によれば元経営者はトラック運転手をしているのだとか。推測するしかないのですが、元妻やこどもへの養育費の支払いや免責を受けられなかった債務の支払いなどに給与を充てているのかもしれません(自己破産を申請したからといって、すべての債務の支払い義務が免除されるとは限りません)
ヤフーニュースのコメント欄には、「食肉業にかかわっていたので、この会社の採用面接を受けましたが『職人はいらない』と断られた。食中毒の報道を見て、『ああ、そんな会社だったんだ』と思った」との声が書き込まれていました。つまり生肉を扱いながらも経験者などはむしろ邪魔であり、何も知らない素人を安い給料で使うのが会社の方針だったのでしょう。当然、安全・衛生面への配慮など欠いており、雑な扱いをしていたのは明らかです
生肉提供について
この事件後、生レバーの提供を禁止する方針を厚生労働省が発しています。その際、「衛生基準を厳格に守れば生レバーを提供してもよいのではないか」とか「生レバーや牛刺しを禁止するのはおかしい。隣の韓国ではユッケを提供しているではないか」との声が出ました
しかし、韓国の料理店でも実際にはユッケなど生肉が原因の食中毒事件は珍しくないのであり、衛生基準が厳格に守られているわけではありません。むしろ、衛生基準など無視してユッケの提供が続けられれいるというのが現実でしょう
命をかけてまで生肉を食べる必要はないのであり、また周りの人に食べるよう勧めるのは大間違いです

(関連記事)
「焼肉酒家えびす」食中毒から2年 賠償もなし
食中毒事件「焼肉酒屋えびす」の社長が自己破産
政府「レバ刺し禁止」の方針
食中毒焼肉店 日本テレビの番組が「イイ店」と絶賛していた
4人死亡の「焼肉酒家えびす」社長 土下座
焼肉店食中毒 こどもに生肉を食べさせる親
中国毒入り餃子事件 あきれた隠蔽工作
毒入り餃子事件 見苦しい中国の逆ギレ
毒入り餃子事件 残る不信感、疑念
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件1 「廃棄物と知らなかった」
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件2 Aマートアブヤス
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件3 マルコメ製品も転売
刻みのりで食中毒 ノロウィルス
島田紳助引退ではしゃぐメディアの怪