吉川友梨ちゃん誘拐事件(2003年)は未解決のまま

2003年、大阪府熊取町で当時小学4年だった吉川友梨ちゃんが行方不明になった事件から18年が経過しています。大阪府警は、府内の繁華街や駅前にある大型スクリーンで情報提供を呼びかける動画を流した、と報じられています
事件の概要を振り返ってみましょう


2003年5月20日、小学4年生だった吉川友梨さん(24)が行方不明になった事件で、当時現場付近で目撃された不審な白い車に、男と友梨さんとみられる女児が乗っているのが目撃されていたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。府警はこの男が連れ去った疑いがあるとみて、未成年者略取誘拐容疑で捜査している。
友梨さんが行方不明になったのは03年5月20日午後3時ごろ。府警によると、下校途中に熊取町七山の路上で目撃されたのが最後という。ここから自宅へ至る約200メートルの間に、行方がわからなくなった。
この時間帯に友梨さんの進行方向上に止まっていた白い車の目撃情報が事件後から複数寄せられており、車体の特徴から1983~90年製のトヨタ「クラウン」とみられている。
13年5月、この車の車内を目撃したとする情報が新たに府警に寄せられた。目撃者は自分の車を運転し、白い車を右横からゆっくりと追い越した。その際運転席の男と目が合い、にらまれたという。また助手席に小学生ぐらいの女児がうつむき加減で乗っていたとも証言した。
府警はこの女児が友梨さんとみており、捜査対象となったクラウン約2300台について、所有者の割り出しなどを進めている。
(朝日新聞の記事から引用)


白いクラウン
小学校から下校する途中、何者かによって連れ去られた可能性が大です。普段の様子から、彼女自身が家出をするなど、自ら行方をくらます原因や事情はなかったものとみられています
目撃情報として浮かんだ白いクラウンですが、大阪はもちろん兵庫や京都など、近隣県で登録されている車の所有者を警察は調べたのでしょう
しかし、容疑者は絞り込めていません。また、クラウンに近い形のチェイサーとかマークⅡについても、当然ながら調べたはずです
警察に寄せられた目撃者情報としては白いクラウン以外にも、赤いスポーツタイプの車や黒色乗用車、白いライトバンなどが事件の前後に付近で見かけられたとされます。ともあれ、車で連れ去ったと考えて間違いないでしょう
わいせつ目的の誘拐
この事件で身代金の要求はなかったのですから、最初からわいせつ目的で大阪の郡部、田舎で学校帰りの女子児童を狙ったものと推測されます
前にも書いたように、この種の事件で「犯人は土地勘のある人間」=地元の住人、との見立てで捜査するケースもあるのですが、逆に目撃されて身元がバレるのを警戒し、見知らぬ土地へ足を運んで事件を起こす場合もあり得るわけで、単純に決めつけるのは避けるべきでしょう
車を使えば50キロ、100キロ離れた場所への移動可能な時代です
当時ならば、小学生の女児に学校関係者であるとか警察だとか詐称し、車に乗せるのは難しくなかったはずです
クラウン=おっさん?
さて、上記の記事に立ち戻って、白いクラウンを目撃したとの情報を寄せた人物は、「運転席の男からにらまれた」と語っています。この情報が犯人に結びつくのであれば、犯人は単独犯でしょう。運転席にいたのが若い男であったのか、中高年だったのか、目撃者にはどう映ったのでしょうか?
警察もそこまでは情報を公開する気はないようです。もし、目撃者が「運転していたのは若い男だった」と語ったとしても、その目撃情報自体が誤りであった場合、世間一般に「若い男が犯人」だとミスリードしてしまう危険があるからでしょう
クラウンに乗っている男といえば「おっさん」という気もしますが、若いヤンキーでもヤングエグゼクティブ気取りでクラウンに乗っていたりしますので、決めつけるべきではありません
事件が2003年ですから、現在のように各地に監視カメラがあったり、一般車両にドライブレコーダーがついているはずもなく、不審車両の足取りを追うのは困難だったはずで、捜査が行き詰まったのはやむを得ないといえます。しかし、だからといって捜査をしない理由にはなりません

(関連記事)
大阪女児誘拐事件を考える 裁判でのやり取り
大阪女児誘拐事件を考える 初公判「誘拐はしていない」
大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
島根女子大生遺棄事件を考える40 遺体損壊と焼却
島根女子大生遺棄事件を考える41 不審車両はマークⅡ
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
未解決 愛知美浜町女児襲撃事件を考える