劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」と二・二六事件

国会前にSEALDsと、彼ら彼女らを支持する高齢者が集まって騒いでいたのが随分と昔のように感じられます
いわゆる安全保障関連法案に警鐘を鳴らす抗議行動だったわけですが、そもそも彼ら彼女らが安全保障というものを理解して運動していたのか、自分には疑問でした
上部だけの、ポーズとしての戦争反対を叫んでいる風にしか見えなかったからです
さて、今回は藤津亮太の論評「『機動警察パトレイバー2』が示した『平和という言葉がウソつきたちの正義』にならないために必要なこと」を取り上げます。アニメーション作品論から逸脱しますが、関心のある方は一読願います
ウェブサイトでは3ページに分割されて掲載していますが、最初のページは劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」のテクニカルな表現様式について語ったものなので、2ページ目からが本題です

『機動警察パトレイバー2』が示した「平和という言葉がウソつきたちの正義」にならないために必要なこと

世界の随所に戦争は存在する。そこからは誰も無縁でいられない。それは冷戦構造の庇護の中で平和と繁栄を謳歌していた日本人には見えていなかった現実だ。その現実に直面した柘植は、誰も死なない「戦争状況」を演出することで、東京という町に「戦争」というものが存在する現実を思い知らせようとしたのだ。柘植は「戦争というものと無縁ではいられない」という現実主義に立脚し、そこに目を背けた「平和」という理想主義を撃つのである。冷戦後の「戦争」や「平和」といった価値観が揺れる瞬間に、そういうかたちで日本の戦後を論じたのが、『パトレイバー2』の尖った部分だというふうに広く受け止められている。
なお、ここでいう現実主義は、国際政治のそれではなく、「現実を最重視する態度。理想を追うことなく、現実の事態に即して事を処理しようとする立場。リアリズム」(『デジタル大辞泉』)という意味合いで使っている。

戦争と平和が相対する位置にあるというのは思い違いであり、だからこそ戦争か平和かという二元論は成立しません
「日本には平和憲法があるから戦争には加担できない」とか、「憲法は戦争を禁じているのだから、日本が侵略されようとも武力でもって闘うのは間違いだ」などという主張が当たり前のように繰り返されています
が、どれも戯言にすぎません
おそらく大学の憲法学の講義ではいまでも、上記のような平和憲法を護符であるかのように掲げ賛美する話が繰り返されているのかもしれません。そしてこの作品が公開された当時は、そうした平和憲法論が当たり前のように受け取られていました
が、現実問題として日本が侵略されれば自衛隊が防衛出動するのでしょうし、「自衛」という名目で戦闘を開始するでしょう
憲法の条文は制定以来変更されていないものの、現実とはそうしたものです
最近の調査でも、憲法改正に反対する人が過半数を占めています。先の安全保障関連法案に、大学で憲法を教えている学者たち300名あまりが反対を唱えていたのには驚き、失望したものです。作品公開時から四半世紀が経っても変わらないのですから

二・二六事件の青年将校たちの姿にも重なる
しかし、本当に柘植は「現実主義」なのだろうか。というのも、柘植はその作戦で「戦争状況」、つまり「概念」しか示さないのだ。柘植を追う陸幕調査部別室の荒川は日本の平和を「平和を得るために正当な代価をよその国の戦争で支払っている」と評するが、もし本当に現実主義に徹するなら、朝鮮戦争から湾岸戦争に至るまで、日本がいかに「正当な代価を払ってこなかったか」が論じられるべきだし、「今、正当な代価を払うということがどういうことか」が具体的に語られるべきなのだ。それは平和学研究者・伊勢崎賢治のいうような、自衛隊のPKF(国際連合平和維持軍)参加におけるある種の欺瞞を撃つようなかたちになるかもしれない。
もちろん、これらは現実の政治の問題であって、それらが入り込んできたら映画が論文になってしまい、映画ではなくなってしまう。つまり、映画が映画として成立するために、柘植は「戦争という概念」だけを提示するに留まった、というふうに考えることができる。そして「具体性を欠いた現実主義者」となった柘植は、つまり理想主義者に見えるのだ。「理想主義者」がその理想に基づいて実力を行使する、というふうに考えれば、柘植の姿は、二・二六事件の青年将校たちの姿にも重なって見えてくる。

「柘植の姿は、二・二六事件の青年将校たちの姿にも重なって見えてくる」というのが悲しくも、偽りのないところでしょう。二・二六事件の将校たちも自分たちが決起し、首相ら政府に巣食う奸臣を討伐すれば、あとは真崎甚三郎陸軍大将なり荒木貞夫陸軍大将なりが事の収拾を図り、天皇親政による昭和維新が成ると信じていました。しかし、真崎甚三郎も荒木貞夫も彼らが理想とする大人物などではなく、いざという場面では保身に走る小物でしかなかったのです
青年将校たちが勝手に軍を動かし、政府要人を殺害したことに昭和天皇は激怒します。その怒りを前に真崎も荒木も青年将校たち擁護のために動けず、陸軍内部の主導権争いにも破れ、青年将校たちは犯罪者として処断されてしまいます。真崎も荒木も太平洋戦争集結後まで生きたわけですが、二・二六事件の青年将校たちに殉じることもなしに生き延びた変節漢・卑劣漢として批判されました
柘植とその仲間たちも、東京を舞台に戦争を演出する役を演じた道化でしかないのであり、犯罪者として扱われるだけなのでしょう。彼らの主張を引き継いで安全保障問題に昇華し政治問題化してくれるような政治家がいるようにも思えません
いかに不正義の平和を糾弾しようとも、世間一般は不正義の平和に飼い慣らされ、当たり前のように享受しているのですから、柘植達の叫びが届いたりはしません
「はねっかえり」の自衛隊員が暴発し、多大な被害を与えた事件という形式的な扱いで終わり、彼らの主張などなかったことにされるのです
その意味では「機動警察パトレイバー2 the Movie」は悲しい物語です
加えて、陸幕調査部の名刺の男、荒川茂樹も同志と信じた柘植に裏切られ、捨て置かれたまま柘植が行動を起こすという憂き目に遭っており、何とも言い難い哀愁が感じられます(声を担当した竹中直人の怪演が光るゆえ、より荒川の立ち位置が哀れに映ります)
後藤に対して偽りの平和がどうのこうのと語る荒川なのですが、それゆえ柘植は荒川を信用していなかったのでしょう。柘植と荒川は計画段階で手を組んで吐いたものの、違う風景を見ていたに違いありません
この作品については、また機会を見て取り上げるつもりです

(関連記事)
カンボジアPKOと機動警察パトレイバー
劇場版「機動警察パトレイバー2 the Movie」を語る
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」論
「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」をアメリカはどう観たのか
押井守「イノセンス」で考えるゴーストと身体
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
攻殻機動隊とエヴァ:近未来の「自由」とは
https://05448081.at.webry.info/202105/article_16.html
「エヴァンゲリオン」を巡る言説 賛否の行方
エヴァンゲリオン 家族を問う物語
「エヴァンゲリオン」 若者の承認欲求
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の爽快感と疎外感
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」という「終わりの物語」

茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求

茨城県警は2019年に起きた小林光則さん一家殺害事件で、岡庭由征容疑者の逮捕状を請求したと報じられています
身柄は現在、別件逮捕で茨城県警が勾留していますので逮捕状執行に問題はないのでしょう
岡庭容疑者は過去、埼玉県と千葉県でナイフを使い女子中学生と女子小学生を斬りつける事件を起こしていた人物です。当時、自宅に70丁ものサバイバルナイフやタガーナイフを所持しており、異常なほど刃物に執着していました
そして別件で逮捕されたのは、自宅に大量の硫黄を保管していた件です。これも硫黄を使って爆発物を作り、無差別殺人を狙った可能性が考えられます

茨城県境町の住宅で2019年9月、住人の会社員、小林光則さん(当時48歳)と妻のパート従業員、美和さん(同50歳)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は7日、別の事件で逮捕した埼玉県三郷市に住む男性が事件に関与したとみて、殺人容疑で逮捕状を請求した。
男性は自宅に硫黄約45キロを保管していたとして昨年11月に三郷市火災予防条例違反の疑いで埼玉県警に逮捕され、さらに今年2月15日には警察手帳に付ける記章を偽造した公記号偽造容疑で茨城県警に逮捕されていた。
事件は19年9月23日午前0時40分ごろ発生。2階寝室で夫婦が殺害され、2階の子供部屋で寝ていた14歳の長男も刃物で刺されて重傷、13歳の次女は催涙スプレーのようなものを噴射されて軽傷を負った。1階の自室にいた22歳の長女は無事だった。
(毎日新聞の記事から引用)

本件は2人を殺害し、こどもたち2人にも怪我をさせた事件です。「殺すつもりはなかった」などという釈明は通用しないのであり、殺人罪で死刑を求刑されるでしょう
若いから改善更生の可能性があると、例の弁護士達が名乗りを上げ、弁護団を結成するのかもしれません
しかし、岡庭容疑者の犯罪歴を見れば、生きている限り犯罪を繰り返す人物と考えられるのであり、改善の余地があるからとして無期懲役にするのは大間違いではないでしょうか?
別件逮捕から随分と時間が経過しており、取り調べに素直に応じているとも思えません
まずは警察、検察の捜査に期待しましょう
岡庭容疑者の過去の事件についても当ブログでは取り上げていますので、下記の関連記事を参照願います

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 精神鑑定終え起訴
https://05448081.at.webry.info/202109/article_12.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
https://05448081.at.webry.info/202105/article_28.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
https://05448081.at.webry.info/202105/article_22.html
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
https://05448081.at.webry.info/202105/article_18.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
https://05448081.at.webry.info/202105/article_14.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
https://05448081.at.webry.info/202105/article_13.html
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
世田谷一家殺害事件 メディアの功罪
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?

2009年から始めた当ブログが1000万ページビューを超えました。拙いブログながら、多くの方に読んでいただけたことを感謝申し上げます。宣伝もしていない個人のブログであり、いまではフェイスブックやらインスタグラムの流行に取り残された感もありますが、この先も続けていきますので、気が向いたときに目を通していただければ幸いです
さて、旭川市の中学生がいじめを受け、公園で凍死体で発見された事件を取り上げます
文春オンラインが渾身の特集を組んでいますので、事件の詳細はそちらを御覧ください。今回は弁護士ドットコムの記事を取り上げます

●組織内で本当に意思疎通できていたのかどうかが焦点
――報道を受けて市長が動き、そして市教育委員会も動き出しましたが、報道されるまでは「いじめとしては認知していなかった」ようです。
本件は、マスメディアによる報道が先行しており、現時点でいじめの事実関係が正確には把握できていないため、その前提で説明します。
まず、市教育委員会の対応について、旭川市長は「(文春オンラインの)記事を読むまで、私も教育委員会も事実関係についてまったく違う認識をしていた。もしかしたら私たちが事実誤認をしていたかもしれないという視点から、しっかり調査をする必要がある」と発言していたようです。
すると、当時の学校、とりわけ担任がどのようにいじめの被害を認識し、校長、さらには教育委員会へ報告していたかが重要になってきます。
その一方で、少なくとも「わいせつ画像の拡散は、校内で起きたことではないので、当校としてはイジメとは認識していない」と担任が発言したとされる件については、一定の人的関係にある限り、学校外で起きたトラブルもいじめに該当し得るため、法律論としては明確に誤っていると評価できます。
また、被害生徒は転校後に入通院を繰り返していたとの話であって、遅くともその時点で身体への深刻な被害から「重大事態」と認定することは可能であるため、その意味で対応が後手に回っているとの批判は避けられないかもしれません。
――いじめ防止対策推進法上の「重大事態」に当たると判断されました。第三者委員会による調査がおこなわれますが、どのような調査なのでしょうか。
重大事態における調査については、一般に、弁護士や大学教授、精神科医といった委員が選定されて第三者委員会が立ち上げられ、加害生徒や学校への聴き取り、アンケートの実施といった調査を行った上で、最終的に調査報告書を作成します。
ですが、捜査機関とは異なり、第三者委員会の調査には強制力がないため、仮に加害生徒やクラスメイトなどの関係者が聴き取りに応じなかった場合には、その段階で調査が行き詰ってしまうおそれがあります。
実際、今回のケースでは、加害生徒の一部がすでに中学校を卒業しているとのことで、学校からの呼び出しに応じない可能性も十分考えられる以上、今後の調査が大きく難航することは予想されます。
その観点からも、早期に第三者委員会を立ち上げなかった市教育委員会の対応には、やはり問題があったものと思わざるを得ません。
(弁護士ドットコムから引用)

文春オンラインの報道を見た萩生田光一文部科学大臣が旭川市教育委員会の対応を批判し、対応を改めないなら政務三役(文部科学大臣、副大臣、政務官)を送り込むと言明したため、旭川市も教育委員会も大騒ぎになったものと思います
内輪の理屈で「いじめはなかった」と強弁しようにも、相手が政府や中央官庁では通用しません。形式的な回答でお茶を濁すような対応をしようものなら、違法行為に対する監査レベルの調査を受けるものと予想されます
前にも触れたように、いじめの訴えを受けた北星中学では校長をメンバーに加えた調査委員会のようなものを設置し、いじめがあったかどうかを調査したと伝えられています。校長は当事者ですから第三者による調査、には該当しません。むしろ、最初から実態解明に取り組むつもりはなく、いじめの訴えを退ける目的で作られたものでしょう
元校長金子圭一が隠蔽を図る意図をもって調査をするフリだけし、事態を悪化させたと推測されます。金子は定年退職し、今は別の町で教育委員会の学校教育指導員を務めています。非常勤でしょうが公務員に準じる立場ですから、今回の第三者委員会の調査を拒むことはできないと思われます。が、そこで自分の隠蔽工作を認めたりはしないはずであり、徹底的に保身に走るのでは?
上記の北星中学の校長主導による調査委員会ですが、議事録が保存されているのかも怪しいわけで、すでに廃棄されているかもしれません
当時の調査委員会のメンバーたちも口裏を併せ、「いじめはなかった」との結論を繰り返す気がします
記事にもあるように第三者委員会の調査には強制力はないのですから、隠蔽工作の実態を暴くのは難しいと思われます
ただ、警察が介入したとしてもいじめ行為そのものは刑法に触れるものとして強制捜査の対象ですが、学校の隠蔽工作は刑法に触れるとまでは言い切れないので、警察の捜査の対象外でしょう。行政機関としての不作為を問うことはできるとしても、せいぜい元校長の職務怠慢を立証するだけであり、遡って戒告処分程度でしょうか?
第三者委員会へ丸投げする従来のやり方では限界があるのは明らかです

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件6 遺族の手記から見えるもの
https://05448081.at.webry.info/202108/article_34.html
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
一宮中学生自殺 市長がようやく謝罪
https://05448081.at.webry.info/202107/article_24.html
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ
三重いじめ自殺 上級生ら4人を提訴