茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か

茨城の小林さん一家殺害事件について、さまざまな報道が続いています。その中から幾つか、情報を整理しておくために書いています
10年前に岡庭容疑者が起こした女子中学生と女子小学生刺傷事件ですが、岡庭容疑者の祖父が自宅裏の土地を売って約1千万円を用立て、賠償金支払いに充てた、とのことです
しかし、被害者側の話では岡庭容疑者及びその親からは1度も謝罪がないままなのだそうです
岡庭容疑者の父親は測量技師として就労していたものの、糖尿病が悪化して指を切断したため、仕事を続けられなくなったという話もあります
しかし、糖尿病の悪化と被害者への謝罪は別ですから、謝罪しないままというのは理解できません。事件が10年ですから、謝罪する機会はいくらでもあったはずです。つまりは謝罪しに行って、被害者家族からあれこれ責められるのが嫌だったから行かなかった、と解釈するしかありません
岡庭容疑者に求められるまま、ナイフを買い与えていた親の責任をどう感じているのでしょうか?
さて、岡庭容疑者は医療少年院送致になったのに、再び凶悪な犯行に走った嫌疑がかけられているのであり、医療少年院での治療や教育の効果はどうであったのか、との疑問が湧くのは当然です
精神科医が以下のようにコメントしています


精神科医「治療困難なケース」 茨城4人殺傷の岡庭容疑者 過去に通り魔事件
岡庭由征容疑者(26)は10年前、少女2人を切りつける事件を起こし、医療少年院に送致され、治療を受けたにもかかわらず、殺人事件の容疑者として逮捕された。
埼玉県内の少年事件の精神鑑定を数多く担当している井原裕精神科医は、治療が困難なケースだったと分析している。
井原裕精神科医「一般論として、医療少年院は精神科病院だと思ってください。一般的には、医療少年院というのは意味があります。ですけど、非常に特殊なケースですね、ある独特の性癖を持っているような少年に対しては、そもそも今の精神医学の中に、そういった人たちを治療して、性的傾向を修正するような治療技術自体がありません」
(岡庭容疑者は、過去に重大な殺人未遂事件を起こしています。医療少年院に入ったものの、直後に殺人事件を起こしています)
井原裕精神科医「少年少女たちは、まだまだ成長しうる余地を残している人たちなので、彼ら彼女たちの完全に可能性を断ち切るようなことはやってはいけないと思う。やっぱり人生の敗者復活戦を用意しなくてはいけない。結局、少年法というものは、愛情を持って育てていこうという考え方の法律。愛情を持って育てようという考え方の法律の中で、今回のような希有な事件が起きたときには、愛情でなんとかなるケースじゃない場合はどうしようもないんですよね、残念ながら。それが現実だと思います」
井原さんは、「事件でご家族が犠牲になったことの重みを考えれば、どうすればこうした悲劇を防げるのか、市民1人ひとりが考えて、国がルール作りを進めてほしい」と話している。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


確かに岡庭容疑者のように強固な殺人衝動を抱えた少年をどう治療し、教育するのか、明確な方法論はありません
神戸の連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗の場合、男性教官が父親役、女性精神科医が母親役になり、育て直しのプロセスを体験させる処遇が行われたと聞いています。酒鬼薔薇聖斗が抱えていた父親や母親への不満や欲求を育て直しのプロセスの中で解消ないし、緩和させる試みだったのでしょう。そして酒鬼薔薇聖斗はいまだ殺人事件を起こしていないのですから、ある程度の成果はあったのかもしれません(本人がどう思っているのかは不明ですが)
医療少年院を出た岡庭容疑者は再び凶悪事件を起こした嫌疑があり、そこだけ見れば酒鬼薔薇聖斗との違いは明らかです
なので、「第二の酒鬼薔薇聖斗」などと安易にレッテルを貼るのは止めるべきで、どこに違いがあるのかをよくよく検討しなければなりません
ヤフーニュースのコメント欄には相変わらず、「少年法を廃止し、厳罰を課すべき」との意見が多く書き込まれています
しかし、当時16歳の岡庭容疑者に殺人未遂で懲役4年以上7年以下の不定期刑を言い渡しても、刑務所を出たら同じように殺人事件を起こした可能性が考えられるのであり、少年法云々の批判は大間違いです。殺人未遂事件ですから10年を超えるような長期刑を科すのは無理筋です
まったく別の話ですが、一部のメディアは2018年1月1日に起きたつくば市の老夫婦殺害事件も岡庭容疑者の仕業ではないか、と書いています
岡庭容疑者がいつ医療少年院を出たのか、はっきりしないので何とも言えません。ただ、つくばの事件で老夫婦は鈍器で殴打され失血死したものであり、ナイフを好む岡庭容疑者の犯行とは思えないのですが

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 精神鑑定終え起訴
https://05448081.at.webry.info/202109/article_12.html
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
https://05448081.at.webry.info/202106/article_30.html
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_36.html
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年

眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか

いわゆる小室文書の公表以来、すっかり評判を落としてしまった小室圭ですが、ニューヨーク州司法試験(7月)が済んだ後、日本に帰国する予定が週刊誌に取り沙汰されています
以前にも書いたのですが、小室圭の代理人である弁護士は「(小室文書への)批判も想定内で、和解金支払いは予め計画していた選択肢」であると、すべては戦術の内であるかのような発言をしています。ライブドア事件で追い詰められていったホリエモンが、口癖のように「想定内」であると語っていたのを思い出します。警察の動きも想定内として余裕をかましていたのですが、最後は逮捕され有罪判決を受けています
実際のところ、小室文書でこれだけ反発を招くとは思っておらず困惑し、次の手をひねり出せない状況にあるのではないかと勘ぐってしまいます
日刊ゲンダイは眞子まさが週刊誌記事を見て、世論の動向をチェックしておられるのだろう、と推測記事を書いています

眞子さまは週刊誌記事を見ているのか?小室圭さんは詳細に

週刊誌を買い求めずともインターネットでいくつものメディアの論調は把握できますので、小室文書の発表以降の記事には目を通しておられるのでしょう
しかし、なぜ自分たちが批判を浴びているのかまではご理解できないのかもしれません(先の小室文書で説明を尽くした、と思っておられるだけに)
小室圭も同様で、自分たち親子の正しさを理路整然と説明した以上、世間は理解してくれるはずと思い込んでいたはずです。そうならなかった理由が彼には理解できず、混乱したのでは?
母親の元婚約者を悪者にし、世間の同情を得て切り抜ける…とのシナリオでは、国民の心情を動かせなかったのは明らかなのですが
さて、眞子さまの結婚問題で困惑しているのは国民だけでなく、政府もです
Newsポストセブンのウェッブサイトでは、眞子さまの結婚問題で女性宮家創設プランが頓挫しそうだと書いています
女性天皇や女系天皇に関しては、自民党議員の大多数は反対しており、難しい状況です。菅首相としては反対論が少ない女性宮家(女性の皇族が婚姻後も皇籍を離脱せず、新たに宮家を創設する)を推進する構えだったものの、眞子さまで新宮家を作れば小室圭殿下が誕生することになり、国民がこれに反発するのを危惧している、という内容です

女性宮家創設で「小室殿下」誕生は絶対ムリ!で自民党に広がる「眞子さまは早く結婚して」の声

記事にあるところの「現在の皇室経済法に従えば、宮家の当主と配偶者には合わせて年間約4600万円の皇族費が税金から支払われることになる。結婚に当たって支給される一時金についてさえ、『小室親子に渡すのは反対』という世論が強いのだから、『小室殿下』が生涯、税金で贅沢な生活を支えられるとなれば、『そんな女性宮家には反対』という国民の声があがりかねない。だから、政府・自民党内には『眞子さまは早く結婚して皇籍離脱してもらいたい』という“祈り”が広がっているのだという」のは辛辣ですが本音でしょう
女性宮家創設のため法律を改正しても、眞子さまの御成婚までに間に合うかは微妙です。法律が適用されるよう、眞子さまを女性宮家の対象にするべく条文を工夫すれば可能でしょうが、現状では御成婚とともに皇籍離脱の方向のようです
国民もそろそろ姑や小姑のような感覚は捨てて、2人の結婚を「仕方がないね」と容認する方向に転換する時期なのでしょうか?
ダメ男とくっつけば不幸になると分かっていても、ダメ男と結婚したがる娘はいるものです。いくら言って聞かせても、決意は変わらないのであり、反対すればするほど人間関係が壊れてしまいます。もちろん、想定通りに結婚して不幸になり、離婚に至るわけです
が、それでも出戻った娘を無下にはできないのであり、家族として受け入れるのが人情です
眞子さまのご結婚は、将来離婚することも含めて受け入れる度量を国民は示すのが筋ではないか、と最近思うようになりました。国民が強固に反対して結婚できないとなれば、国民は恨まれてしまいます

(関連記事)
眞子さま結婚問題 年内結婚へ
https://05448081.at.webry.info/202109/article_2.html
小室圭母 労災で洋菓子店とトラブル
https://05448081.at.webry.info/202108/article_41.html
小室圭母「自分はアダルトチルドレン」発言を考える
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金で解決できるのか?
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
デヴィ夫人が皇太子廃嫡を呼びかける署名活動開始
日本の皇室に嫉妬する韓国
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
学習院で学級崩壊 愛子様不登校事件
愛子様不登校問題 何が不安なのか?
愛子様不登校問題 皇族方の学習院離れ