茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?

「理由なき反抗」とか「動機なき殺人」などの惹句をメディアは好んで使います。見出しに使えるからでしょう
しかし、本当に「動機なき殺人」というものがあり得るのか、検討などしないで使っているのは明らかです
犯罪の中でも殺人の場合はその動機、目的を明確に言語化し、伝達できるとは限りません。あるいは犯人が率直に犯行の理由を語ろうとしても、聞き手がそれを受け入れ解釈できるかどうか?
岡庭容疑者は逮捕後、殺人については否認していると報じられており、認める気はないのかもしれません。しかし、岡庭容疑者が動機を語らないとしても「動機なき殺人」と決めつけるのは大間違いです
以下、フライデーの記事から引用します


茨城一家殺傷事件 ヤバすぎる「動機なき殺人」が起こった背景
「有毒植物のトリカブトやサリンの生成に関する本などが押収されていたことも判明しました」(全国紙社会部記者)
どんよりとした曇り空の下、5月11日午前、埼玉県三郷市の住宅街で岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)の家宅捜索が始まった。両親と暮らしていた自宅は、地元の名士である祖父宅の敷地内にある一軒家だ。捜査員10人ほどが次々と家屋の中に入っていく。
「捜索が終了したのは実に7時間後でした。このガサで茨城県警は岡庭容疑者が普段使っていた小さな離れを徹底的に調べていました。もしかしたら、この場所で毒物の生成を行っていた可能性もあります。また、捜査員がシャベルを持っていたので、凶器や返り血を浴びた衣服などの決定的な証拠があるかもしれないとみていたのでしょう」(前出・記者)
岡庭容疑者の凶悪な手口が徐々に明らかになってきた。
’19年9月23日未明、運転免許を持たない岡庭容疑者はスポーツタイプの自転車を走らせ、自宅から約30㎞も離れた茨城県境町にある会社員の小林光則さん宅に侵入した。そして、小林さんと妻の美和さんを刃物で殺害。長男も刺傷させ、次女にはクマ撃退スプレーをかけている。
「スプレーの購入履歴や現場に残されたレインブーツの足跡から犯人の特定が進められました。その捜査の過程で浮かび上がったのが、過去に通り魔事件で逮捕歴があった岡庭容疑者でした」(前出・記者)
岡庭容疑者は、’11年11月、埼玉県三郷市の路上で見かけた中学3年生の女子生徒の後をつけ、右顎を包丁で切りつける凄惨な事件を起こしている。さらに2週間後にも千葉県松戸市の路上で小学2年生の女児を尾行。少女が逃げようとして転んだところに、岡庭容疑者は小刀を振り下ろし、重傷を負わせた。
「当時16歳だった岡庭容疑者は警察の取り調べで、『女子中学生の首を狙って刺したが、殺せなかった』『次は確実に殺そうと思い、小さな子を狙って何度も刺した』と供述しています」(民放テレビ局記者)
この事件を起こす直前、岡庭はトラブルを起こして千葉県内の私立高校を自主退学していた。同級生は当時をこう語る。
「岡庭は『生首野郎』と呼ばれて校内では有名人でした。2年生の時、教室に猫の生首を持ってきたんですよ。クラスメイトに猫の生首の写メを見せたら『持ってきて』と言われて、本当に持ってきた。『次は人間の生首』とも言っていたみたいです」
通り魔事件で世間を震撼させた岡庭容疑者は、医療少年院を’18年に出所した後、埼玉県深谷市にある精神障害者のための自立支援施設で共同生活を送っていた。
「しかし結局は、1〜2年前に実家に戻っていた。一緒に住んでいた両親は祖父から資金援助を受けて、ほとんど家から出ずに息を潜めていました」(前出・記者)
実家で岡庭容疑者は着々と「殺人計画」を練っていたのだろう。
5月7日に逮捕された岡庭容疑者は茨城県警の取り調べに対して、容疑を否認しているという。しかし、昨年11月に硫黄(いおう)を大量所持していたとして埼玉県警に条例違反で逮捕された際には饒舌(じょうぜつ)だった。
「埼玉県警の刑事が硫黄のことしか聞いていないのに、『(僕は)人を殺したくてしょうがないんです』と話し始めたそうです。昨年の逮捕時は顔もむくんで茫然としていた。取り調べでは、しばらく思ったことをそのまま話してしまったのではないでしょうか。
その後、留置所生活を送って、冷静になった。私選ではなく国選弁護人がついているところを見ると、実家からは見放されているのでしょう。ただし、送検の際、マスコミのカメラを睨みつけていたところを見ると、すんなりと容疑を認めるとも思えません」
岡庭容疑者の澱(よど)んだ狂気が解明されることを願うばかりだ。


概ね既報の事柄ばかりです。ただ、注目に値するのは証拠がほとんどない事件と言われながらも、催涙スプレーとレインブーツの購入者から岡庭容疑者を割り出した、という部分でしょうか
Amazonなり楽天の購入履歴を警察が入手し、埼玉や東京、茨城在住の購入者を当たっていったのでしょう
こうした地道な捜査手法もバカにはできないわけです
さて、話を戻して犯行の動機は本当にないのでしょうか?
考えられるのは岡庭容疑者が10年前に起こした事件です。女子中学生と女子小学生が岡庭容疑者の刃物で刺されていますが、命は取り留めています。つまり殺し損ねたのが、今回の犯行の動機だったのではないか、と考えらます。「刃物を使って人を殺す」経験を望みながら、前回は未達に終わったため、今回は完遂させようとしたのだ、と
また、刃物を使って女子中学生や女子児童を刺すというのは、自分のペニスを使って強姦する行為と同義、とも考えられます。10年前は強姦殺人に踏み切るまでには、岡庭容疑者は成熟していなかったのかもしれませんし、自分の欲望をそこまで明確に意識していなかったのかもしれません
が、今回は強姦殺人の実行を考えた可能性もあります。ただ、綿密な犯行計画を立てて実行に移したものの、沈着冷静には事を運べず殺人のみにとどまった…という仮説も考えられます(現場を下見までしていた岡庭容疑者ですから、小林さん方の家族構成も把握してのでは。小林さん夫妻を殺害し、長女を強姦した上で殺害する計画だったが、長女が寝ている部屋にはたどり着けなかったのかも)
被害者である小林さんの妻が岡庭容疑者に切りつけられながらも必死で警察に通報したため、岡庭容疑者は慌てて立ち去らざるを得なかったのでしょう
妙にプライドの高そうな岡庭容疑者ですから、計画通りにはいかず失敗した、とは取り調べの場の言えないのでは?
以上のようにあれこれ推測はできるのですから、安易に「動機なき殺人」などと決めつけるのは止めた方がよいと思います

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
https://05448081.at.webry.info/202106/article_10.html
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察