「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識

立憲民主党の性犯罪を考えるワーキングチームの会合で、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言し、性交同意年齢引き上げに反対した本多平直議員にういて、2度目の言及です
この会合に講師として招かれていた大阪大学大学院の島岡まな教授が、当時の様子を語っています
記事を読む限り、本多議員はこの会合に出席して「中高年でも未成年者と真摯な恋愛関係を持つ場合があるのだから、一律に取り締まるような法改正は問題だ」と意見を述べ、刑法学者の無知を暴いてやろうと心に決めていたのが伝わってきます
が、そうした中年男の思い込みこそが問題だ、と島岡教授は指摘しています
AERAの記事から以下、引用します


「50代が14歳と性交」発言の立憲議員は「怒鳴るように高圧的」 招かれた大学教授が激白
(前略)
WTの勉強会は30分程の短時間。そのうちの15分間を島岡教授の発言時間として割り当てられていた。残り15分間の質疑応答時間は、ほとんどが本多議員の主張に費やされたという。
島岡教授によると、本多氏は「中学生と成人の間にも真剣な恋愛があり、被害と言えない場合もある」など自説を披露し、最後に「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と主張。さらに、「どうなんですか」と詰めるように問い、島岡教授はショックで絶句してしまったという。
「それと同時に『またか』とも呆れ返りました。あまりにもこうした場面に立ち会うものですから。私を言い負かそうとする必死さもあったのかもしれませんが、性交同意年齢を引き上げたくないという、その一心だったように感じます。『先進国では逮捕されるんじゃないですか』と答えた後、他の質問が少しあったかもしれませんが、本多議員の発言のショックでよく覚えていません。まもなく『もうお時間です』とZoomを閉められました」(島岡教授)
本多議員が、真摯に講師の話に耳を傾けようとしていたのかは、疑問が残るだろう。また、本人のそうした態度が意図した結果ではなかったとしても、免罪符になるどころか、そこに今回の問題の本質が隠されていると島岡教授は指摘する。
(中略)
翌日、島岡教授はWTの座長である寺田学衆院議員から謝罪のメールを受け取ったそうだ。それに対して島岡教授は、「ジェンダー平等推進本部を立ち上げ、表向きに発信しているからにはそれなりの対処をするべき」と意見を述べた。しかし、不適切な発言がメディアで取りざたされるまで、実に1カ月が経過していた。
「党として問題視していなかったのでしょう。WTが性交同意年齢の引き上げを求める中間報告を一度は見送った(が最終的には法務部会で承認された)背景に、党内の強い反発があったとも聞いています」(島岡教授)
そもそも50代の大人と14歳の子どもとにおける「同意」は、成立し得ないと島岡教授はいう。
「主従関係や権力関係などの明らかな力の差だけでなく、年齢差がある場合も、表面的に同意しているように見えても、客観的には性的搾取です。被害者本人でも、自分の意思で同意していると思い込んでしまうこともあります。国が性的搾取の被害から保護していくことは、先進国では当たり前のこと。日本は13歳未満にとどめて、『真摯な恋愛』と主張するのは、世界からみて、幼児婚がある国と変わらないと言ってもいいほど」
(以下、略)


記事にもあるようにワーキングチームによる性交同意年齢引き上げを求める報告が、立憲民主党の法務部会で多くの反対意見を浴びたというのですから、立憲民主党内には本多議員と同じく援助交際を容認したり、未成年の少女と性交する権利を保留したいと考える助平オヤジどもが確実に存在していたとわかります
加齢臭が漂ってきそうな記事です
以前も書いたように本多議員は枝野代表の秘書だった人物であり、立憲民主党幹部は最初から本多議員に処罰を科す気はなかったのでしょう。報道の突き上げを食らって、福山幹事長が「厳重注意」したのであり、それで幕引きを図る構えです
この発言がもし自民党の議員であったなら、蓮舫や辻元が大騒ぎし、議員辞職に追い込もうとするはずです
本多議員は突き上げられた結果、発言を取消しているのですが、自身の胸の内にどのような問題があったのか自覚しているのか疑問です
島岡教授は、「50代である本多議員が、14歳と性交しようとする気があるともとれる発言です。性暴力は支配的な関係性の中で行われるのに、50代の男性と14歳の少女の間に対等な関係性があると思い込んでいることが問題です。加害者に都合よく、14歳を大人扱いしたり本人の同意があったということにして性暴力が容認されるケースが日本では多発しています」と指摘しています
ですから、本多議員の言い分は援交オヤジの開き直り発言と同等であり、聞くに堪えない類です
にもかかわらず、厳重注意だけで幕引きを図るなど身内に甘いと言うほかありません。立憲民主党の支持が広がらないのも当然です

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_46.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発
https://05448081.at.webry.info/202107/article_42.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
https://05448081.at.webry.info/202107/article_5.html
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202108/article_4.html
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
https://05448081.at.webry.info/202106/article_31.html
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202106/article_34.html
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師に懲役30年の判決