三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決

マッチングアプリで出会った女性とのデート中に、飲み物に薬物を混入させ、意識が朦朧となったところをホテルに連れ込んでレイプする手口で犯行を重ねていた元三菱UFJ銀行社員が懲役22年の判決を受けた事件を取り上げます
立件されて起訴に至った被害者は10人ですが、本当はまだまだ被害者がいたものと推測されます
判決は2020年12月なので半年ほど前になりますが、関心のある方は一読ください
判決を伝える記事と、逮捕直後に報じたFRIDAYの記事を貼っておきます


20代女性ら10人に睡眠作用がある薬物を飲ませて暴行したとして、準強制性交などの罪に問われた三菱UFJ銀行の元行員、千秋凉祐被告(29)に、東京地裁は21日、懲役22年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。
児島光夫裁判長は、マッチングアプリで知り合った被害者と飲食店で会い、離席した隙に薬物を飲み物に入れ、抵抗できない状態になるように仕向けたと指摘。「計画的な犯行で悪質だ。性欲を満たすための身勝手な動機に酌むべき事情はない」と述べた。
判決によると、平成30年12月~令和元年5月、20~32歳の9人に東京都中央区銀座などの飲食店で睡眠作用がある薬物を飲ませ、ホテルや被告の自宅で暴行。ほか1人は未遂だった。
(産経新聞の記事から引用)

「昨年12月上旬に容疑者と被害者女性はマッチングアプリで知り合い、その後はLINEでやりとりをしていました。そして、事件当日に居酒屋で初めて会ったんです」(全国紙社会部記者)
7月11日に準強制性交容疑で警視庁に逮捕された元三菱UFJ銀行勤務・千秋凉祐容疑者(28)は実に狡猾(こうかつ)だった。
千秋容疑者は昨年12月中旬に年上の30代Aさんと東京・銀座の居酒屋で会うと、酒に睡眠薬を混ぜて飲ませた。それによりAさんの意識は混濁。その後、朦朧(もうろう)とした彼女は千秋容疑者の自宅に連れ込まれて、性的暴行を加えられたのだ。
「被害者の意識が完全に失われていないことから、使用されたのは比較的効果の弱い睡眠薬でしょう。医師に不眠を相談すれば、簡単に入手できます。最近、マッチングアプリで出会った女性に『レイプドラッグ』と呼ばれる睡眠薬を使用してレイプを行う卑劣な行為が横行しています。男性は若いエリートサラリーマンが多い。彼らは、ネット上のマッチングアプリでは人気が高く、すぐに相手が見つかる。しかも、どの睡眠薬をどれくらい使用すれば、望む効果が得られるかを理解しているので悪質です」(薬物犯罪に詳しいジャーナリストの竹村明氏)
千秋容疑者の計算外だったのは、Aさんの勇気ある行動だった。翌日、下腹部に違和感があった彼女はすぐさま築地署に相談。尿から睡眠作用のある薬物が検出された。さらに複数の防犯カメラに千秋容疑者とAさんが映っており、家宅捜索で千秋容疑者の自宅から睡眠薬も見つかって逮捕となった。
「千秋は上智大学卒で語学が堪能なうえ、ITにも詳しかった。事件当時、彼は子会社の三菱UFJインフォメーションテクノロジーに出向していました。これは本人の希望でもあり、ITシステム分野での今後の活躍を期待されての人事だったそうです」(前出・記者)
逮捕当日に千秋容疑者は銀行を懲戒解雇。知識を悪用してすべてを失った。
(FRIDAYの記事から引用)


以前、就職活動中の女子大生がOB訪問として有名企業の社員と会食し、薬を盛られてレイプされる事件を取り上げました
今回も同様に、マッチングアプリでデート相手を探す仕組みの中で、類似した犯罪が行われていたわけです。当時、大学病院の医師や野村證券社員による事件も報じられていました
マッチングアプリを利用した女性は婚活目的で、有名企業の社員とデートし結婚に至る展開を予想し、期待していたのかもしれません。しかし、相手の男は結婚など考えず、ただ女性をレイプしたいだけの鬼畜眼鏡だったわけです
上智大学卒でおそらく三菱UFJ銀行での幹部候補生だったと目される千秋涼祐被告は、あの小室圭氏と同期だったとか
有名大学出身だから、有名企業勤務だから「良い人」とは限らないのであり、警戒を怠るべきではないのでしょう
公判でのやり取りを書いた記事が見当たらないため、千秋被告が法廷でどのような釈明をしたのか不明です。女性を次々とレイプし、それで満たされていたのか、何かしらの達成感を覚えていたのか、本人に訊いてみたいものです。いつかは捕まるかもしれないと思いながら、愚かしい犯行を重ねた理由は?
千秋被告が控訴したとの報道も見当たりませんので、刑を受け入れ服役したのでしょうか。初犯で22年という長期刑なので、千葉刑務所に収監されたと思います

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
https://05448081.at.webry.info/202109/article_13.html
就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往
酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持
強姦・強盗の今泉成博被告 懲役40年求刑
強姦・強盗の今泉成博被告 懲役41年判決
https://05448081.at.webry.info/202107/article_51.html
16年前の強姦事件で懲役8年判決 PTSD認める