義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決

当ブログで取り上げたものの、顛末(判決)まで言及していない事件を定期的に掘り起こし、できるだけ書くようにしています
その1つ、今年6月19日に取り上げた、兵庫県内の公立小学校の元校長が同居していた女性の連れ子である小学生の女児に、くりかえし強制猥褻行為をしていたとして、懲役6年を求刑された事件の判決が6月30日にありました
同居していた女性としては、この男が小学校の校長であるのを承知の上で、安心して娘をまかせていたはずです。女児が男性と一緒に入浴するのを、「親子のふれあい」と思い込み、許していたのでしょう
しかし、男は入浴時、2人きりになるのを好機として猥褻行為を繰り返し、なおかつ口止めもしていました


同居する小学生の女児への強制性交等と強制わいせつの罪に問われた元小学校長の50代の男=懲戒免職=に対する判決公判が30日、神戸地裁であり、小倉哲浩裁判長は懲役4年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。
判決によると、元校長は2月中旬、兵庫県内の自宅で、事実婚の関係にあった女性の娘である女児にわいせつな行為をした。関係者によると、元校長は当時、兵庫県東部の市立小学校に勤めていた。
判決理由で小倉裁判長は「被害者を監護、養育する立場でありながら、口止めをしつつ行為に及んだもので、卑劣で悪質極まりない犯行」と指弾した。将来にわたる被害者の精神的打撃への懸念にも言及した。
一方で被害者側が寛大な処分を求め、示談が成立した点などを考慮し、強制性交罪の法定刑の下限である懲役5年を下回る量刑にしたと説明した。
(神戸新聞の記事から引用)


前回の求刑公判の記事でも書かれているように、女児の母親は「一生許せないし、子どもには一生の傷が残るが、被害者家族が経済的に困らないよう社会で更生し続けることが償いになる」と寛大な処分を求めていました。つまり、実刑は回避させたかったのでしょう
ただ、これは実刑をなんとしても回避したい被告の強い願望と、被害者母の賠償支払いを確実に実行させたいという計算の併せ技という気もします(被害者親子を揶揄するものではありません)
被告は元校長ですから、刑務所に入って受刑者という身分になることに強い抵抗があったと思われます。以前にも書いたように、知人の刑務官が一番扱い辛い人間として元教員を挙げていました。教師というプライドを捨てられず、刑務官の指示にいちいち反発し、不満を表明する…のだとか。元教員の受刑者の扱い難さに比べれば、ヤクザ者は概ね指示に従順であり、反発することは少ないといいます
話を戻して、本件では被告側と被害者とは示談を成立させており、事実婚状態を解消して別れてはいるものの、娘の養育費や学費を被告が負担する話になっていました
もちろん、執行猶予付き判決を得るための示談であり、その目論見が実刑判決によって狂ってしまいました。ですが、元校長のプライドにかけて約束は守ってもらいたいものです。刑務所に収監されようとも、きちんと養育費や学費をを払うのが筋でしょう。実刑だからチャラにするようでは信用を失います

(関連記事)
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
静岡養女強姦事件 懲役7年判決
https://05448081.at.webry.info/202109/article_20.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師に懲役30年の判決