岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告の初公判は?

山梨県の老人ホームで入居していた80歳の女性が殺害され、同施設職員の丹沢一貴容疑者(42)が強制性交等致死の罪で起訴された、との報道がありました。この事件はまた、別の機会に取り上げます。80歳の女性を強姦して死亡させるという鬼畜の犯行です
報道を見て思い出したのが、2017年夏、岐阜県高山市の老人介護施設で立て続けに5人の入所者が死亡した事件です。同施設の職員だった小鳥剛被告が起訴されているのですが、事件から4年経過してもまだ初公判が開かれないままです
5人の被害者はいずれも小鳥被告が担当していたのですから、小鳥被告の手にかかって殺された(暴行を受け意識不明のところ病院に搬送され、その後亡くなったケースも含む)と考えられます
5人の被害者について、おそらく傷害致死で公判を迎えるのでしょう。逮捕時の容疑は傷害であり、その後、傷害致死で追送検されていますが、最終的に起訴するのは検察の判断です
寝たきりの高齢者に暴行を加えたのですから、死んでも構わないと小鳥被告が思っていたと推測されるのですが、裁判官はすんなりと殺意を認めないと予想されます。また、計画的な殺人であると立証するのもハードルが高く、最終的には傷害致死で、という判断に落ち着くのでしょう
先に、介護施設で3人の入居者を転落死させた今井隼人死刑囚の場合は、3階から転落させれば死亡するという確信を抱いた犯行なので、殺人罪の適用に議論の余地はありませんでした。本件の場合、暴行を加えたとしても確実に死亡するかどうかは小鳥被告に確信はなかったと考えられるので、傷害致死で裁くわけです。遺族は納得できないと思いますが
この事件に絡み、死亡した男性の遺族が介護施設を運営する医療法人を相手取り、慰謝料を求める民事訴訟を提起していたのですが、2020年12月に岐阜地裁は遺族の請求を退ける判決を言い渡しています


岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年夏、高齢の入所者5人が相次いで死傷した問題で、死亡した男性(当時80)の遺族らが、施設を運営する医療法人「同仁会」に慰謝料など約2800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、岐阜地裁であった。鈴木陽一郎裁判長は、原告側の訴えを棄却した。
原告側は、施設側が男性の食事中の誤嚥(ごえん)を見逃したため窒息死したと主張したが、判決は「死因が施設での食事の介助や食後の見守り中に起きた誤嚥による窒息とは認められない」とした。男性が心筋梗塞を発症していた可能性や、意識を失った後の職員による心臓マッサージが原因だった可能性も否定できないとした。
同仁会の折茂謙一理事長は、「1年半以上の間、監視義務違反というレッテルの下で肩身の狭い思いだった。今後は自信を持って介護の仕事をすることができる」とコメントを出した。
(朝日新聞の記事から引用)


施設側は裁判で勝ったものの、一度失った信用を取り戻すのは大変だろうと思います
この訴訟の時点で、小鳥被告は起訴されたものの公判も始まってはいません。なので、遺族の側からすれば小鳥被告の犯行だと立証するのも困難で、施設側の管理責任(監視義務違反)を問う形の訴訟になったのでしょう
小鳥被告についての報道は見られませんので、延々と公判前の争点整理を続けているものと思われます
ただ、刑事被告人だからといつまでも拘置所で勾留し続けるのは問題があり、迅速な裁判を進めてもらいたいものです

(関連記事)
岐阜の老人施設で5人死傷 起訴から1年も公判はまだ
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
山梨の介護施設で強姦殺人 丹沢被告とは
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決