神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕

2010年の秋、神戸弘陵高校の男子生徒が路上で刺殺される事件がありました。当時の報道を記憶はしていたのですが、未解決のまま10年を経過していたとは知りませんでした
逮捕された容疑者は犯行当時未成年(17歳)だったとの理由で、名前など伏せられたままです。事件当時、現場近くに住んでいた、と伝えられています。この人物が事件当時、捜査線に浮かばなかった事情、今になって逮捕に至った事情など、これから明らかになるのでしょう
ともあれ、容疑者を特定し身柄を確保できたのは朗報であり、遺族にとっても幾ばくかの救いになると思われます


神戸市北区筑紫が丘の路上で2010年10月、高校2年の堤将太さん(当時16)が刺殺された事件で、兵庫県警・神戸北署捜査本部は4日、将太さんを殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で当時17歳の少年だった愛知県豊山町のパート従業員の男(28)を逮捕した。
事件は発生から10年10か月で急展開を迎えた。捜査関係者によると、男は事件当時、事件現場近くに住んでいたとみられる。取り調べは本格化、詳しい経緯や動機の解明へ捜査を進める。捜査本部は犯行時少年だったことから、男の氏名や逮捕時の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は2010年10月4日午後10時45分ごろ、神戸市北区筑紫が丘4丁目の歩道上で、将太さんを刃物のようなもので突き刺すなどして殺害した疑い。
捜査関係者によると、男はパート従業員として、店舗が複数ある施設で広報資料の作成や、店ごとの売り上げ管理を担当。4日正午前の任意同行には素直に応じたといい、愛知県警小牧署で逮捕、4日午後の捜査本部がある神戸北署へ移送した。
将太さんは、知り合いの中学3年の女子生徒と路上で一緒にいたところを襲われた。死因は失血死。首の付け根の傷は約8センチに達し、頭や背中にも傷があった。
女子生徒は事件後、捜査本部の聞き取りに「襲ってきたのは知らない男だった」と説明。発生から6日後、現場の南西約100メートルの側溝で全長約20センチのナイフが見つかり、血痕が将太さんのDNA型と一致し、凶器と断定したが、指紋など第三者による付着物が検出されず、捜査は難航していた。
10年越しの犯人逮捕。兵庫県警はこれまで延べ約3万3千人の捜査員を投入していた。真鍋克巳・捜査第一課長は「捜査員の緻密な捜査の積み重ねとご遺族に寄り添った対応が実を結んだ。よくここまでたどり着いた。そして何よりもご遺族の思い。本当に辛く、苦しかったと思う。事件は1つの局面を迎えたが、ご遺族の気持ちが癒されるわけではない。今後、全力を挙げて犯行に至る経緯を明らかにしたい」と話した。
警察庁は2020年12月、解決につながる重要情報の提供者に支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の対象期間をさらに1年延長。9年目となり(更新は8回目)、4年ぶりに年間の情報提供件数が100件を超え(2019年12月7日~2020年11月30日 /104件)、さらに2021年6月までの半年間で約70件の情報提供があり、世間の関心の高さをうかがわせた。容疑者逮捕を受け警察庁刑事局は今後、兵庫県警と協議し、懸賞金制度の停止手続きに入る見込み。
(ラジオ関西の記事から引用)


事件当時、現場に居た女子中学生は犯人を「小太りで30歳から40歳代に見えた」と証言していたわけですが、刃物を手に襲いかかってくる男の人相風体をじっくり観察できるはずもないのであり、その当たりは警察も折込み済みだったはずです
インターネット上ではすでに犯人の実名、とされるものが出回っているのですが、確定したものではありません
ただ、神戸市から愛知県に移り住み、定職についていたところを見れば、自首する気はなくこのまま逃げ切るつもりでいたのは明らかです
犯行動機は不明ですが、夜の10時すぎに街角でいちゃつく若いカップルを見て、怒りと殺意が湧いたのでしょうか?
いつものように「殺す気はなかった」と主張するのかもしれません。が、刃渡り20センチのナイフで首を深々と刺しているのですから、殺意はなかったとの言い分は通用しないはずです。過失致死ではなく殺人罪に問うべき事件でしょう。殺害した後、事の大きさに驚き、怖くなり、他県へ逃げたというのが実際のところでは
続報を待って取り上げるつもりです

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
https://05448081.at.webry.info/202108/article_37.html
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
https://05448081.at.webry.info/202108/article_12.html
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
英国女性殺害 無期懲役判決にも市橋被告は無反応
英国女性殺害 市橋被告「逃げるのは当然」
英国女性殺害 市橋容疑者の黙秘
「おい、小池」逃走中の殺人犯 11年目で病死
指名手配の現在
オウム真理教平田容疑者逮捕を門前払いした警察