高校野球部コーチがわいせつで再逮捕 10年前から

「冗談半分でやっていたが、徐々にエスカレートしてしまった」
逮捕時にそう釈明していた水落雄基被告ですが、犯行は決して冗談半分などではなく、野球部員の男子高校生を相手に10年前から繰り返し行われていたと白状しています
水落被告は認めたくなかったのでしょうが、いわゆる同性愛志向があって男子高校生を無理やり同性愛行為に引き込んでいたと考えられます
同性愛者には一定の理解を示しているつもりですが、未成年者を同性愛行為に引き込むのは明らかに犯罪ですし、教育者や指導者の立場にある者が生徒に手を出すべきではありません


大阪市内の私立高校で野球部員にわいせつな行為をしたとして強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された元同校講師で野球部コーチだった水落雄基被告(31)について、大阪府警は13日、別の部員に性的暴行をしたとする強制性交致傷容疑で再逮捕した。水落被告は容疑を認め、「教え子であれば、ばれないだろうと高をくくっていた」と供述しているという。
発表では、水落被告は昨年11月23日午前0時~2時頃、「マッサージをする」と寮の自室に男子部員を呼び出して乱暴し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせた疑い。
府警には、同校の部員14人から被害の申告があり、「誘いを断ると練習やレギュラーを外される」と説明した部員もいたという。
水落被告は昨年4月に同校に赴任。前任校でもコーチを務めていた。「10年ぐらい前から生徒らにわいせつな行為を繰り返していた」と供述しており、府警は関連を調べる。
(読売新聞の記事から引用)


元々同性愛志向だったと思われます。野球歴では、東福岡高校では2年生の夏、投手として甲子園での優勝に貢献していますので、プロから指名されるのでは、との期待が本人にも周囲にもあったのでしょう。しかし、ドラフトでの指名されず、福岡大学へ進んで野球は続けたものの、さほどの活躍はできなかったのかもしれません。だから特別、というわけでもなく、プロ野球選手を目指しても叶わない者が圧倒的に多いのが現実です
ただし、水落被告はそこで野球を諦めきれず、高校の講師を務める傍ら野球部の指導をする選択をします。おそらく常勤扱いでも1年契約の講師であり、正規の教員に比べれば待遇も劣っていたはずです。その代わり、野球部員を自分の性欲解消の道具として利用したのであり、従わない野球部員はレギュラーから外すという報復をしていた…という話です
同情の余地はありません。プロ野球選手になれなかったのも、左腕投手として光るものがなかったからでしょうし、本人の問題です
被害届けを出した生徒と示談を締結して(慰謝料を支払って)、被害届を取り下げてもらうのは難しいと考えられます。中には転校を余儀なくされた生徒もおり、その費用も水落被告の犯行によって生じたとして損害賠償請求されるかもしれません
犯行は悪質で、被害者は水落被告を厳しく罰するべきと求めている以上、実刑判決が下されるでしょう
自分が同性愛者であると自覚していたのなら、野球の指導から離れ、少年と接する機会の少ない職を選ぶべきだったのでは?
その上で、水落被告が成人男性相手に合意の上、あんなことやこんなことをするのを責める気はありません

(関連記事)
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_31.html
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将の転落人生
愛知県教諭 男児に強制わいせつで懲戒免職
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
男児を強姦 ボランティアの男逮捕
修学旅行で男児生徒にわいせつ行為 高知の教師
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
少年愛と性犯罪の境界(再掲)
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕
わいせつ教師中村洋一郎 児童ポルノ交換も
わいせつ教師中村洋一郎 男子の裸画像収集