眞子さま結婚 マスメディアへの怒り爆発

眞子内親王のご成婚を心からお祝いしたいところですが、そうもいきません
昨日の会見を見る限り、見切り発車のような印象が強く、国民一般の懸念など置き去りにされた感じがします
言うまでもなく、小室家をめぐる疑惑は何も解消されておらず、単に小室圭が「遺族年金の不正受給などという事実はない」と主張しただけです
元婚約者から生活費の支援を受けていた時点で事実婚と見なされるわけで、事実婚の状態にあれば遺族年金は受給できません。事実婚にあるからと遺族年金受給を辞退する手続きをしていたならともかく、そんな手続きはしないまま受給を続けたのでしょう。事実婚ではないと主張するなら、元婚約者から受け取った金は贈与にあたります。贈与として確定申告し、贈与税を支払ったのでしょうか?
あるいは贈与ではなく借りたお金だったとでも弁解するのでしょうか?
ならば返済するのが当然でしょう。が、小室圭は金銭問題など存在しなかった、と主張していました。その後、主張を撤回し、和解金を支払う用意があると言い出したのですが、和解する必要があるというのは金銭問題が存在するからでしょう
弁護士になろうという人物が、こうした矛盾だらけの釈明を押し通そうとするから、いかがわしく映るのです
ましてや、そのいかがわしい人物を「素晴らしい男性です」と言ってのける眞子内親王の感覚も、世間一般とはずれが大きいと感じます
まあ、宮家のお姫様なので仕方がないとは思いますが


秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と小室圭さん(30)が26日、結婚した。晴れて「小室眞子」となった眞子さんには祝福の声が寄せられているが、その後行われた記者会見ではマスコミ報道に苦言を呈する場面が目立った。なかでも、小室家の借金問題に眞子さんが主体的に首を突っ込んでいたことは驚き。皇室的に「ありえない行為」といった声もある。また、別室に妹の佳子さま(26)が待機していたことも一部で波紋を呼んでいる――。
すったもんだの末にこの日を迎えた2人。会見で眞子さんは「圭さんはかけがえのない存在。結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きて行くために必要でした」と強調。圭さんも「眞子さんを愛しています。眞子さんと人生を歩みたいという思いを持ち続けられたのは支えてくれた人のおかげです」と永遠の愛を誓った。
しかし穏やかだったのはここまで。眞子さんは晴れて「一般人」となったことで、これまで我慢してきたマスコミへの不満をあらわにした。
なかでも許せなかったのは、最愛の夫・圭さんへの苛烈なバッシング。眞子さんは「本日まで私が公に発言する機会は限られてきました。そのために生まれてしまった誤解もあったと思います。一部の方はご存じのように、婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした」と言い切った。
続けて「例えば、圭さんのお母さまの元婚約者の方への対応は私がお願いした方向で進めていただきました」と断言。
これは何かというと、今年4月に圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルに関して公表された通称「小室文書」は、眞子さんの意向が100%反映されたものであると認めたことを意味する。
さらに、眞子さんは圭さんの米フォーダム大留学についても「圭さんが将来計画していた留学を前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました。留学に際して私は一切の援助はできませんでしたが、圭さんが厳しい状況の中、努力してくれたことをありがたく思っています」と告白。
その上で「圭さんのすることが独断で行われていると批判され『私の気持ちを考えていない』と一方的な憶測が流れるたびに、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、いわれのない物語となって広がっていくことに恐怖心を覚え、辛く悲しい思いをいたしました」と苦言を呈した。
自身が盾となり、圭さんを誹謗中傷から守ったようにも映るが、皇室の伝統を知る者から言わせれば「ありえないこと」だという。
「ようは小室家の金銭トラブルに皇族が積極的に関与したということですからね。圭さんの進路についてもそう。『私がブレーンでした』というカミングアウト。前代未聞ですよ」とは皇室ライター。
さらに会見を行ったホテルに妹の佳子さまが駆け付けたことも、別の視点から見ると違和感があるという。
「その時点で眞子さんは一般人です。姉妹であることや、眞子さんが複雑性PTSDを患っているという特別な事情はあるにせよ、カタチ上は『私人の結婚会見に皇族が“同席”した』ということになる。それを姉妹の“感動秘話”にしていいものかどうか…」とはテレビ局の皇室担当ディレクターだ。
(東京スポーツの記事から引用)


そもそも、小室家の問題は小室家が解決すべきであり、「金銭問題は存在しない」と突っぱねたがゆえにいつまでもくすぶり続けたわけです。対応を誤った結果であり、それをマスメディアのせいにするのは筋違いでしょう
留学にせよ、結婚後の生活プランを小室圭がきちんと説明していれば、マスメディアの対応も違ったものになったいたはずです。何も説明せず、放置した結果、マスメディアがあれこれ取材して回り、憶測を含めて記事にせざるを得なかったわけで
秋篠宮様は「国民から理解を得られるように(説明しなさい)」と苦言を呈していたわけですが、2人は最後までその意味を理解できないままだったと痛感します
眞子さまにはそれが小室圭の説明不足と問題解決能力の欠如のせいであるとは認識できず、マスメディアのせいだと思い込んで今日に至ったと分かります。が、所詮は世間知らずのお嬢さんの八つ当たりにすぎません
せいぜい、結婚後はお幸せに暮らしていただきたいものです。あと、小室家の問題はきちんと解決されるように。解決しないといつまでも叩かれます。「令和のバカップル」と言われないよう、目配り気配りも必要です

(関連記事)
小室圭 NY司法試験不合格で波乱
眞子さま結婚 PTSDという診断
小室圭 記者会見拒否か?
眞子さま結婚問題 年内結婚へ
小室圭母 労災で洋菓子店とトラブル
小室圭母「自分はアダルトチルドレン」発言を考える
眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正