髪の黒染強要 違法性なく学校の裁量と判決

大阪府立懐風館高校で生徒(生まれつき髪の色が茶色)に髪を黒く染めるよう強要した結果、生徒が不登校となった問題では、一審である大阪地裁が「校則は学校の裁量で決めるものであり、指導に違法性はない」との判断を示し、生徒側が敗訴しています
控訴審でも一審同様の判断が示されました
大阪府の公立高校では、外国から受け入れた留学生に対しても、「金髪はダメ。黒く染めないと授業には出席させない」と指導していたのだとか
民族、人種の多様性を認めようとしない硬直ぶりに呆れます。アフリカ系の留学生が来たら、「肌が黒いのはダメだから白く染めろ」とでも指導するのでしょうか?
また、裁判所がそんな偏狭な学校の指導を裁量の範囲内と容認したのですから、驚きです。今の時代に何を考えているのやら


生まれつきの茶色の髪を黒く染めるよう学校に強要され不登校になったとして、大阪府立懐風館高校(同府羽曳野市)の元生徒の20代女性が府に約220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、大阪高裁であった。本多久美子裁判長は「(学校教育の)裁量の範囲を逸脱しない」として、頭髪指導に違法性はないとした1審大阪地裁判決を支持し、女性の控訴を棄却した。
1審判決は教員らの黒染め指導について、「生来の髪色が黒色だとする合理的な根拠に基づいていた」と認定。一方、不登校後の対応には一部違法性があったとして、府に33万円の賠償を命じていた。
高裁の判決理由で本多裁判長は、学校が多様な生徒に指導するためには「広範な裁量が認められなければならない」と指摘し、1審同様に黒染め指導の違法性は認めなかった。ただ、「規則を守らせること自体が目的化していないかなど、指導のあり方を常に検証する不断の努力が求められる」と述べ、学校側の対応にも注文をつけた。
平成27年に入学した女性は訴訟で、地毛が茶色であるにもかかわらず学校から繰り返し黒染めの指導を受け、精神的な苦痛で不登校になったと主張。髪形や服装などを厳格に定める「ブラック校則」の是非をめぐる社会的な議論のきっかけにもなっていた。
判決後に取材に応じた女性側の代理人弁護士は「こちらの主張には触れられておらず、1審通りの乱暴な事実認定による判決で残念。教育(に認められる)裁量は生徒の利益のためであって、教師の免責のための理屈ではない」と話した。
大阪府教育庁は「学校と生徒、保護者との間で信頼関係を構築できず、訴訟となったことを残念に思う。今後とも子供が安全安心に過ごせる学校づくりに取り組む」とコメントした。
(産経新聞の記事から引用)


この髪の黒染強要問題がメディアで報じられた際も、大阪府教育庁は自分たちの対応は適切であると主張していました。その後、教育長が会見し、「校則が適切か、保護者や地域住民らを交えた学校協議会などの意見を聞きながら点検するよう、全府立高に指示する」との方針を明らかにしていました
しかし、上記の記事の末文にある大阪府教育庁のコメントを読むと、「校則を定めるのは学校の責任であり、保護者や生徒の意見など聞く必要はない。学校づくりは我々の仕事であって、保護者や生徒の介入はお断り」と言ってるも同然です
教育行政は自分たちのものだと思い込み、周囲の意見に耳を傾ける気などないのでしょう
当ブログで取り上げた過去の報道を読めば、大阪府教育庁が例外を認めず、どのような事情があろうとおかまいなしに髪の毛を黒く染めろと強要しているのは明らかです
日本人でも遺伝子の変化によって赤い髪をもつこどもが生まれる場合があるわけですが、それでも大阪府教育庁は「黒く染めろ」と強いるわけです。黒く染めさせすれば何も問題ないと
頭がどうかしているのではないか、と思ってしまいます

(関連記事)
髪の黒染強要で生徒が不登校 大阪府立懐風館高校
髪の黒染強要 教育長謝罪も訴訟で争う構え
髪の黒染強要 大阪府立懐風館高校訴訟の結果
女子中学生の髪を切ったら不登校 甲府市に賠償判決
https://05448081.at.webry.info/202112/article_3.html
聖カタリナ学園高校セクハラ教師を解雇
パワハラ会見 至学館大谷岡郁子学長炎上騒動
伊調馨選手へのパワハラ認定 レスリング協会大揺れ
大阪桐蔭高 賭けゴルフに暴力事件を隠蔽
中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕
中学体罰教師 上野宝博を傷害で起訴
チア練習で下半身不随 高校に賠償求め提訴
小学生バレーボール部監督 体罰で永久追放
児童を黒板に叩きつけた教師に有罪判決
児童の頭を黒板に叩きつけた教師 停職処分で辞任
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
福井中学生自殺 担任の?な釈明
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師

空港トイレで出産殺害の女子大生 懲役5年判決

世の中には何とも痛ましい事件があります。金銭目的の強盗とか性欲を満たすための性犯罪などは動機も明確で、意図もはっきりしており、ある意味わかりやすい事件です
逆に、動機も意図も判然とせず、成り行き任せとも言える犯行はわかりにくいものです
2019年11月、羽田空港のトイレで出産した乳児の首を絞めて殺害し、公園に埋めたとして殺人と死体遺棄の罪に問われたのが北井小由里被告(24)です。女子大生が妊娠し、空港のトイレで出産…という、世のオヤジたちが眉をひそめて説教したくなる事件でした
その北井被告に東京地裁は懲役5年の判決(求刑は懲役7年)を言い渡した件を取り上げます


就活女子大生、乳児殺害遺棄に懲役5年 法廷で明かされた“ジャニーズオタク”と“性の悩み”
被告は取り乱すこともなく、冷静な表情で判決を聞いていたという。2019年11月、出産したばかりの乳児の首を絞めて公園に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた北井小由里被告(24)に、東京地裁は24日、懲役5年の実刑判決を言い渡した。風俗店でアルバイトをしていたという北井被告の奔放な大学生活にも注目が集まった今回の裁判員裁判。鼻の整形費用に数十万もの大金をつぎ込み、ジャニーズの追っかけに夢中になっていたという被告の“素顔”とは――。
(中略)
殺害後にアップルパイ
法廷では、犯行時の詳細な行動が再現された。北井被告は、トイレットペーパー「3巻分」をちぎって3回、赤ちゃんの口に突っ込み、さらに首を絞めて殺害。遺体を持ったまま空港内のカフェに入り、アップルパイとチョコレートスムージーを頼み、写真まで撮っていた。その後、予約していたホテルにチェックイン。スマートフォンで検索して見つけたイタリア公園に向かっていた。
「パニックになって頭が真っ白になった」。被告人質問で犯行動機についてこう答えた北井被告。彼女がもっとも気にかけていたのは、翌日に控えていた航空関連会社の面接試験だった。
「一人では子供を育てていく経済的な余裕がない。就職活動の邪魔になると思った」
だが、北井被告が風俗で得た高額な報酬で奔放に暮らしていたことも法廷で明らかにされた。裁判を傍聴し続けてきた記者が語る。
「彼女が通っていたのは地元の芦屋大学です。大学進学後まもなく風俗の仕事を始め、稼ぎは月に10万円から30万円くらい。友達と一緒にジャニーズの追っかけをしたり、約54万円かかった鼻を小さくする整形手術などに使っていた。事件後に約15万円の二重まぶたの整形手術を受けた領収書も検察側から証拠として出されましたが、なぜかこの手術については否定。風俗の仕事は、出産3カ月前の19年8月に辞めています」
「北井被告の話には不可解な点が多かった。妊娠中には、お腹を蹴る子供がかわいいと思っていて、名前まで考えていたとも語っていたのです。裁判官から『自首を考えなかったのか』と問われ、『自首ってなんですか』と問い返し、『そんな制度があるなんて知らなかった』と答えた場面もありました」(同前)
空白だらけのエントリーシート
弁護側は最終弁論で、北井被告が就職活動で企業に提出したエントリーシートを取り上げた。名前と経歴だけが書かれ、自己PRと志望動機の欄が空白になっているお粗末なものだ。結局、遺棄翌日に受けたという空港内のホールスタッフのほか、大手航空会社子会社の空港グランドスタッフなど、片っ端から航空関連企業を受けたがすべて不採用で、地元の衣料品店でアルバイトをしていたという。
「弁護人は、このエントリーシートをもとに、彼女は知的能力が低く、周囲に相談する相手も少なかったと情状酌量を訴え、執行猶予付きの判決を求めた。一方、検察側は、『自己中心的で極めて身勝手な動機』として、懲役7年を求刑していた」(前出・記者)
判決で裁判長は「強い殺意に基づく執拗かつ惨たらしい犯行」「身勝手で短絡的な動機」と指摘し、5年の実刑判決を言い渡した。
最終意見陳述では涙を拭いながら「赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と述べていた北井被告だったが、判決公判では、無表情でじっと裁判長の話に耳を傾けていたという。
尊い命を救えなかったことが悔やまれてならない。
(デイリー新潮の記事から引用)


大学在学中から性風俗店に勤務し、整形手術をし、ジャニーズの追っかけをするという、世のオヤジたちが思い描く「軽薄な女子大生」の姿です
が、公判で明かされたのは北井被告が知能指数(IQ)が74という「境界知能」級だという事実です。70以下なら「知的障害者」と判定されるレベルであり、相当低いといえます
上記の記事の中でも北井被告が「自首」という制度を知らなかった、というエピソードが書かれています。「境界知能」だと中学校での授業にはついていけない状態であり、北井被告が高校や大学に進学しているのも信じられないところです。漢字の読み書きは訓練によってある程度こなせるようにはなるでしょうが、単純な四則演算も難しく、もちろん分数計算の概念は理解できないでしょう
一般には中学生くらいで集団式知能検査を受けるはずですから、その段階で北井被告が「境界知能」であると判明していたはずです。親はそれを受け入れられなかったのかもしれません。「うちの子はやればできる子なんです」とか言って。親からすれば、こどもが特別支援学級に入るのは世間体が悪く、反対する人も少なくないのですが、能力に応じた教育を受ける機会を逃すのは本人のためになりません。親の見栄のため、適切な教育や訓練を受けられないまま卒業してしまうと、本人が実社会で苦労するわけです
就職のためのエントリーシートが空白だらけ、というのも理解できます。自分のアピールポイントを具体的に書くよう求められても、何をどう記入すればよいかわからないのですから
ただ、今の私立大学の就職活動のサポートには力を入れていますので、キャリアカウンセラーとかがエントリーシートの記入の仕方や面接でも対応の仕方など、細かく指導しているのでは?
北井被告が大学の提供する就職活動支援を理解できず、相談もしていなかった可能性もありますが
少子化の時代を迎え、進学を希望すれば定員割れの不人気な高校なら入学試験で名前を書くだけで合格できますし、Fランク大学のように入学金と授業料を納付すれば通えるところもあります。ただ、授業についていけるかどうかは別です
軽度の知的障害のある人の特徴として、周囲に同調し行動を真似ることで仲間になり、付き合いを維持する傾向が見られます。北井被告がジャニーズのおっかけをしていたのも、同調できる仲間がいたからなのでしょう。ジャニオタになれば、多少おバカな行動があっても皆から仲間として扱ってもらえるわけですし、そこに所属していられる安心感があります
「境界知能」というレッテルを貼るのはよくないという意見、差別だという意見はありますが、本人も親も知的能力に問題があると早くから認識した上で、知的水準に合った教育や訓練を受けていたなら、このような結果にはならなかったのではないか、という気がします

(関連記事)
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
AKB握手会襲撃男に懲役6年の判決
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
つくば路上刺殺事件 18歳少年裁判で犯行認める
つくば路上刺殺事件 18歳少年に懲役10~15年不定期刑
「3月のライオン」より 森安九段殺人事件を考える
「少年革命家ゆたぼん」父とひろゆきのバトル
少年革命家ゆたぼんを考える