京王線刺傷事件を考える ジョーカーのコスプレ

今年の8月6日、小田急線の車内で対馬悠介容疑者が刃物を振り回す事件があったわけですが、10月31日夜には京王線の特急電車内で刃物を振り回す男が現れ、逮捕されています
服部恭大容疑者(24)は福岡の出身で、「仕事もうまくいかず、2人殺して死刑になりたかった」と言い放っています
早速、文春オンラインに服部容疑者の福岡時代の生活の一端を報じる記事が出ていますので、引用します


《京王線刺傷》ジョーカースーツの男が狂った“恋人との破局”と“盗撮事件”「仕事や友人関係がうまくいかず死にたかった」
「人をやっつけるジョーカーに憧れていた。犯行のための勝負服だ」
警察の取り調べに対し、こう供述しているのは、自称住居不定、無職の服部恭太容疑者(24)。10月31日午後8時ごろ、東京都調布市の京王線布田―国領駅間を走行中の新宿行きの上り特急電車(10両編成)で座っていた70代の男性の右胸を刺し、ライターオイルをまいて車内に火をつけた。
車内は「キャー!」「落ち着いて!」などの悲鳴や怒号が飛び交う混乱状態に陥り、刺された男性のほか、中学3年生~70代の乗客の男女16人が、火災によるのどの痛みなどを訴え病院に搬送されたという。
ジョーカースーツはコスプレか私服か
駆け付けた警察が服部容疑者を殺人未遂の現行犯で逮捕。SNSに投稿された服部容疑者の事件当時の服装が、緑色のワイシャツにネクタイ、紫のスーツ姿だったことから、SNSなどではアメリカのDCコミックス「バットマン」シリーズのジョーカーの服装に似ているという指摘があがっていた。
「犯行日がハロウィンだったこともあり、捜査員もコスプレかと疑ったようですが、服部容疑者は『私服だ』と否定。しかし一夜明けると、ジョーカーへの憧れを口にした。“ジョーカーをイメージした私服”ということのようです」(大手紙社会部記者)
“電車内での殺人”は、2019年に公開されたジョーカーが主役の映画「ジョーカー」を想起させるところもある。元々は心優しいジョーカーが不条理な世の中への不満をため込み、地下鉄で男たちに襲われた際に、持っていた銃で男たちを銃殺。そしてこの事件が悪の道へと突き進んでいくきっかけとなるのだ。
服部容疑者は元々破壊願望があったのか、それともかつては心優しい人物だったのか。事件前の服部容疑者を知る人物らに取材をすると、意外な素顔が浮かび上がってきた――。
(中略:福岡を出て神戸、名古屋と居場所を転々とした話)
元同僚「ジョーカー姿の写真で、ああ服部だな」
元同僚は「出回っているジョーカー姿の写真を見ましたが、ああ服部だな、とすぐにわかりました」と当時を振り返った。
「福岡市天神のマンガ喫茶で一緒に働いている時期がありました。服部は大学には行っていなかったと思います。1年ぐらいは働いていましたかね。一緒に働いていたのは4年以上前のことですが、勤務態度はとにかく真面目で良かったですよ」
かといって堅物すぎるわけではなく、同僚らとプライベートな話題で盛り上がることもあったようだ。
「地味であまり自分からは喋らない感じだけど、プライベートな話も、振れば普通に笑って答えていて、悪い印象はなかったです。店長からも、スタッフの中で一番ぐらい気に入られていました。漫画『ワンピース』が好きなようで、LINEのアイコンもワンピースのキャラが多かったですね」
(中略:交際していた女性がいたが、別れたという話)
恋人との破局後に起こした「盗撮事件」
「マンガ喫茶に来たお客さんを盗撮したらしいんです。それがバレて、警察にも連れていかれました。おそらく示談になったはずですが、お店はクビになりました。それまでの印象は良かったのですが、仕事の終わり方が良くなかった」
京王線での犯行動機について、服部容疑者は「仕事や友人関係がうまく行かなかったから」と供述している。4年前の盗撮事件でも、同じように悩むことがあったのだろうか。
(文春オンラインの記事から引用)


4年前に漫画喫茶に勤務していたと判明したのですが、それ以降、どんな暮らしをしていたのかは不明です
ニュース番組では、電車内のシートに座ってタバコを吹かす服部容疑者の動画が繰り返し流されました。自分は最初、福岡でイキってたホストが東京に出てきたもののさっぱり売れなくて、ヤケになって事件を起こしたのか、と思いました
さて、こうした過去の知人の証言は往々にして「昔の彼」だけを語っているのであり、当時の記憶のみで印象を伝えているにすぎません。なので、その後の変貌は関知していないわけですから、現在の姿とギャップがあるのは当然です
田舎の純朴な少年がいつまでも純朴な若者であり続けるはずはないのであり、犯罪者に身を落とすのも不思議ではないと思います。ただし、24歳という若造にすぎない服部容疑者に、人生に絶望するような衝撃的出来事があったのかどうか?
失恋したり失業したりはよくある話で、そのたびに電車の中で刃物を振り回し暴れる者など極わずかでしょう
映画「ジョーカー」は主人公が失意や絶望を繰り返し味わい、壊れていく様を鮮明に描いた作品です。が、服部容疑者のチープな悪事はジョーカーの抱える絶望や闇に遠く及ばない気がします

映画「ジョーカー」予告


(関連記事)
京王線刺傷事件を考える 精神鑑定実施へ
https://05448081.at.webry.info/202112/article_8.html
京王線刺傷事件を考える 死にたがり男の凶行
https://05448081.at.webry.info/202111/article_23.html
京王線刺傷事件を考える ジョーカー男の心理
https://05448081.at.webry.info/202111/article_10.html
相次ぐ列車内殺傷事件は承認欲求の産物?
https://05448081.at.webry.info/202111/article_47.html
小田急切りつけ男 女性憎悪犯罪なのか?
小田急切りつけ男 懲役5年から7年という説
小田急切りつけ男 非モテによる無差別殺人?
小田急切りつけ男 勝ち組女子大生を狙った
土浦8人殺傷事件を考える
土浦8人殺傷事件を考える3 金川被告に死刑判決
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
秋葉原17人殺傷事件を考える2 加藤智大というイコン
秋葉原17人殺傷事件を考える3 現実との境界
秋葉原17人殺傷事件を考える19 加藤智大の手記「解」
秋葉原17人殺傷事件を考える21 最高裁で死刑確定
新幹線3人殺傷事件を考える 小島一朗容疑者とは
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告に無期懲役判決
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告の手記
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 日下部被告の被害妄想とは?
原宿自動車暴走事件 日下部被告に懲役18年判決
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
玉川徹「社会に牙をむく若者が増えるのは当然」
東大試験会場で刺傷事件 17歳高校生逮捕