経産省キャリア官僚給付金詐欺 リッチな生活への憧れ

経産省の元キャリア官僚だった桜井真被告(28)と新井雄太郎被告(28)の両名が、コロナ対策の補助金を騙し取った裁判が続いています
これまで断片的にしか報道されなかった部分が、11月4日の公判を伝える文春オンラインの記事でようやくつながった感がありましたので引用します
不明だったのは「桜井被告が民事訴訟を抱え裁判で負けそうになっていた時期」の話です。友人として訴訟の助っ人になった新井被告が関係者に偽証するよう依頼したのが録音されており、結果として桜井被告は民事訴訟に敗訴、200万円の損害賠償金を支払うよう命じられた、という経緯です。この民事訴訟の間に桜井被告はみずほ銀行を退職し、経済産業省への入省を決めたと文春オンラインは書いています


「勉学やスポーツで努力しても世の中で評価されない」元経産省キャリア官僚、法廷で語られた“驚きの動機”
「2人の逮捕は今年6月のこと。自宅などをペーパーカンパニー『新桜商事』の事務所と偽り、家賃支援給付金を中小企業庁に申請し、計約1150万円を詐取していたのです。コロナの影響で減収したとする虚偽の確定申告書を提出し、持続化給付金約400万円を騙し取っていたことも発覚しました」(社会部記者)
慶応義塾高で同級生だった2人。桜井は慶応大からみずほ銀行勤務を経て18年入省。新井は東大ロースクールで司法試験に合格後、桜井を追うように20年に入省した。10月11日の初公判で指摘されたのは、そんな彼らの主従関係だ。
「キッカケは、桜井が入省後の19年に起こした民事訴訟を巡る一件でした。新井は桜井のために、関係者に“偽証”を持ちかけたのですが、その様子が逆に録音されていた。結局、解決金200万円を支払う状況に追い込まれます。『お前がケツを拭け』と非難され続け、以来、新井は桜井の命令に従うようになった。昨年12月、桜井が『家賃支援給付金を調べておけ』と指示したことで、一連の詐欺が始まります」(同前)
詐取したカネも主に桜井が使っていた。供述調書などによれば、タワマンの家賃約50万円や、約600万円の高級時計、交際相手への月約150万円の小遣いに充てたりしていたという。
桜井が語った犯行動機「私はカネで自信を補完していた」
初公判では、2人の“隠蔽工作”も明かされた。
「警視庁捜査二課の内偵を銀行関係者から聞いた2人は今年6月頃、経産省の地下で電動ドリルを使ってスマートフォンを破壊。山下ふ頭まで運んで海に投棄したといいます」(同前)
一方、11月4日の公判には桜井の父親が情状酌量の証人として登場した。都内で小規模な不動産関連企業を経営する父親。「質素に育てたつもりだった」としつつ、中学から慶応の息子についてこう語った。
「ずっと心配していました。周りの友達が桁違いのお金を動かしていて、その時にお金に興味を強く持ったように思います」
しかし、そんな親の思いとは裏腹に息子は“カネの亡者”と化していった。裁判長から「なぜ犯罪に手を染めたのか」と問われ、
「勉学やスポーツで努力しても、世の中で評価されない。金銭感覚で立身出世した人を見てきた。私はカネで自信を補完していた」
と、涙交じりに答えていた桜井。だが、立身出世どころか、カネで華麗なるキャリアも失ったのだった。


文春オンラインの記事には「驚きの動機」と書かれていますが、若い連中が怪しげな取引や情報教材詐欺などで稼ぎ、派手な生活ぶりをYou Tubeで披露する昨今ですから、別段驚くほどではないのでしょう
若い人たちの間では楽して稼いだ者が勝ち、という価値観が定着しつつあり、桜井被告もそんな生活に憧れ、補助金を騙し取る気になったものと推測できます
大学を出たばかりの連中が起業し、成功し、大金を稼いでいる姿に、焦りや嫉妬を覚えたのかもしれません
それならばなぜ、桜井被告が公務員になったのか不思議です。中央官庁でハードワークを強いられても給与は民間企業以下であり、メリットはないのですから。それならどこぞの投資顧問会社や証券会社にでも転職すればよかったわけで
中央官庁に勤務するメリットがあるとすれば、キャリアを積み重ねて肩書を身に着け、いずれは経済産業省の課長から国会議員に転身するなり、業界団体に天下って役員になるくらいでしょうか。ただ、課長になるにしても15年は下積みが必要です
桜井被告の性分からしてそんな地道な生き方が合っているとは思えないのであり、いっそのことYou Tuberでもやればよかったのでは?
さて、上記の裁判では桜井被告が主犯格として身柄が拘置されたままであり、新井被告は釈放済みと差がついています
騙し取った金のほとんどは桜井被告が自分のものにしているのですから、扱いに差がつくのは当然です。国への弁済もほとんどを桜井被告が背負うのでしょう
老人めいた発言はしたくないものの、「簡単に稼いでリッチな暮らしをしているぜ」と見せびらかす風潮はどうにかしたいものです

(関連記事)
経産省キャリア官僚給付金詐欺 懲役2年6月の実刑判決
経産省キャリア官僚給付金詐欺 公判で詐欺認める
経産省キャリア官僚 給付金詐欺で3度めの起訴
経産省キャリア官僚 給付金詐欺で追送検
経産省キャリア官僚 コロナ給付金を詐取で逮捕
寝屋川市議吉羽美華がコロナ融資詐欺で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202208/article_6.html
陸上自衛隊2等陸佐がカード詐欺で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202207/article_31.html
西武ライオンズ選手 補助金詐欺で退団
https://05448081.at.webry.info/202206/article_47.html
給付金詐欺で国税職員ら7人逮捕
https://05448081.at.webry.info/202206/article_6.html
阿武町給付金4630万円 9割回収という裏技
https://05448081.at.webry.info/202205/article_39.html
阿武町給付金4630万円男 自己破産もできない?
https://05448081.at.webry.info/202205/article_32.html
阿武町給付金4630万円着服男の行方
https://05448081.at.webry.info/202205/article_25.html
慶応大野球部鶴岡嵩大の給付金詐欺はどうなった?
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
排水管修理30万円請求 詐欺容疑で5人逮捕
https://05448081.at.webry.info/202111/article_25.html
藤井前内閣審議官 停職12月の懲戒処分で退官
https://05448081.at.webry.info/202203/article_19.html
内閣審議官が無届け副業と朝日記者不倫で更迭
https://05448081.at.webry.info/202202/article_16.html
福島県警パワハラで警察官2人が自殺
裏口入学事件 文科省局長佐野太の闇
東京医大 裏口入学毎年10人
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分