大阪ビル放火 脳に障害で起訴は困難

大阪のビルに放火し、自身も火傷と一酸化炭素中毒で病院に搬送された谷本盛雄容疑者は脳に深刻なダメージがあり、意識を回復するかどうか瀬戸際の状態だとされます。意識を回復したとして、起訴して公判に持ち込むのは困難との見方もあり、多くの犠牲者を出した事件が宙ぶらりんのまま決着せざるを得ないかもしれません


大阪市北区曽根崎新地のビル4階で起きた放火殺人事件で、放火や殺人の疑いが持たれている谷本盛雄容疑者(61)は依然、意識不明の重体となっている。心肺停止状態から蘇生(そせい)したものの、火災による一酸化炭素(CO)中毒や心肺停止の影響で脳に重度の損傷を受け、危険な状態とみられる。意識が回復しても記憶に障害が残って事情を聴けない可能性もあり、刑事責任追及のハードルは極めて高い。
事件は17日午前10時20分ごろ、ビル4階のクリニックで発生。消防の到着時、被害者26人が奥の診察室側で倒れているのが見つかったのに対し、谷本容疑者は出入り口側で発見された。4階から最初に搬送されたとみられ、CO中毒の症状があり心肺停止状態だったが、搬送先の病院で蘇生した。一方で被害者は26人のうち25人が亡くなった。
関係者によると、谷本容疑者は自発呼吸を取り戻したが意識はない。やけどの範囲は顔など限定的だが、心肺停止の間に酸素が脳に供給されず損傷を受ける低酸素脳症と診断された。症状が悪化し脳の損傷が広がると、呼吸や心拍をつかさどる脳幹の働きが阻害され、再び心肺停止になる恐れがあるという。
火災被害者の治療に詳しい鳥取大病院救命救急センターの上田敬博教授(50)は「低酸素脳症で再び自発呼吸が止まった場合、蘇生させることは不可能に近い」と指摘する。
上田教授は令和元年7月に36人が犠牲となった京都アニメーション放火殺人事件で、殺人罪などで起訴された青葉真司被告(43)の主治医を担当した。
上田教授によると、青葉被告は全身にやけどを負って一時意識不明だったが、現場から逃げたためCO中毒からは免れていた。その後、意識が回復し、発生10カ月後に京都府警に逮捕された。一時心肺停止に至った谷本容疑者の場合は、意識が戻っても低酸素脳症の影響で記憶障害などが出る恐れがあり「事件について何も覚えていない可能性もある」とする。
谷本容疑者の容体は予断を許さない状況が続く一方、大阪府警は谷本容疑者の居住先から犯行計画とみられるメモなどを発見。クリニック内の防犯カメラには、谷本容疑者が逃げようとする被害者に体当たりし、避難を妨害する様子も写っていた。
捜査関係者は「確固たる殺意を示す証拠が数多くある」としながらも、「谷本容疑者の意識が戻ったとしても、会話ができ、事件当時の記憶を呼び起こせるまでに回復しなければ逮捕や起訴は難しい。刑事責任を追及するためのハードルは高い」としている。
(産経新聞の記事から引用)


意識は回復しても、言語機能が麻痺しているかもしれません。となれば、公判において自身を弁護する能力がないと判断され、不起訴処分にするでしょう
無関係の、多くの人を巻き込む身勝手この上ない凶行でありながら、訴追できないというなんとも歯がゆい結末になりそうです
被害者の遺族としては怒りのぶつけようがない事態です
谷本容疑者はこのまま、呼吸器を装着した状態で生き続けるのかもしれません。入院費用は公費負担です
だからといって谷本容疑者を殺害することもできず、容態を見ながら必要な医療措置を継続するのでしょう

(関連記事)
大阪ビル放火 谷本容疑者死亡
https://05448081.at.webry.info/202112/article_56.html
大阪ビル放火殺人 京アニ事件を真似て実行
大阪ビル放火殺人 谷本容疑者の素性
死者44人 歌舞伎町雑居ビル火災
寝具倉庫放火で懲役4年 損害は26億円
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
稲美町放火殺人 殺意をもって放火した未必の故意
台東区放火殺人の高校生 懲役4年以上7年以下判決
日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
県営住宅放火殺人3 ブラジル人姉妹殺人容疑で逮捕
県営住宅放火殺人2 ペルー人を放火容疑で逮捕
16人殺害の個室ビデオ放火事件 二審も死刑判決
京都アニメーション放火事件を考える 小説盗まれたと執着
京都アニメーション放火事件を考える 容疑者の小説公開は可能か?
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
玉川徹「社会に牙をむく若者が増えるのは当然」

高校野球部コーチがわいせつ 学校の隠蔽体質も問題

野球をやっている高校生にとって、甲子園は特別なものなのでしょう。そして私立高校も甲子園出場を名誉であるとともに、学校の宣伝として重視しており、出場のために躍起になっているわけです
しかし、そうした野球部員の熱意とは別に、野球に携わる者が立場を利用して淫行を繰り返した事件が今年、発覚しています
大阪の私立高校で講師を務める傍ら野球部コーチをしていた水落雄基容疑者は、大学時代から同性愛行為にふけるようになり、野球部員にも片っ端から手を出していたと発覚しています
以下、文春オンラインの記事から一部、引用します


女子トイレ盗撮、100万円窃盗、喫煙…大阪偕星学園高校野球部の不祥事が止まらない「学校の隠蔽体質が事態を悪化させている」
8月18日に「強制わいせつ容疑」で逮捕されたのは、福岡県出身で、東福岡高校時代には甲子園のマウンドにも上がったことのある水落雄基(31)。福岡大学在学中から男性へのセクハラ行為に手を染めてきたという水落の被害者は、大阪偕星学園だけでも14名に及んだ。
複数の被害生徒やその保護者から被害届が提出されており、10月1日には教え子の陰部を口で弄んだとして強制性交等罪で追起訴された。大阪府警本部の拘置所で水落と会った時には、私に対してこう弁解していた。
「ずっと罪の意識は持っていました。今年1月に見つかり、福岡に帰ってからは『取り返しのつかないことをしてしまった』と後悔する毎日でしたし、逮捕されることも覚悟していました。被害者はこの10年間でだいたい50人ぐらいになるとは思いますが、正確な人数はわかりません。後輩のモノに触ることに楽しさを覚え、暴走しすぎてしまった」
逮捕された水落の肉声に加え、学校の不誠実な対応に怒りを覚えた複数の被害者家族の告発を受け、初めて学校名を報じた前回の記事からおよそ2カ月——。
学校が見落とした画像が後に発見
その後も、「暴走」の2文字では済ませられない水落の余罪が見つかっている。事件発覚当初、同校の教頭は「写真を撮られた」という生徒らの証言を受けて水落のパソコンや携帯電話を調べたが「画像は残っていなかった」(教頭)と安心しきっていた。
ところが大阪府警の捜査によって、球児の下半身が写った写真が見つかったのだ。現役野球部員の保護者が語る。
「水落の自白によって携帯電話のデータを復元したところ、局部が写った写真が発見され、被害者が府警に呼ばれました。ただ顔が写っておらず、児童ポルノ禁止法違反には証拠不十分で問われないとのことです」
学園が水落のセクハラ行為を把握した1月の段階で、適切に証拠を発見できていれば、水落の行為の悪質性が早い段階で明らかとなり、被害届の提出が遅れることも、逮捕までに半年以上もかかることもなかったはずだ。
大阪偕星学園高校に新たに見つかった新事実について問い合わせたところ、「学校、顧問弁護士を含め、大阪府警からは何も連絡が入っていません」との回答だった。
最初の逮捕から4カ月が経とうというのに、水落の裁判が始まる様子はない。新事実の発覚によって、公判前整理手続きに時間を要しているのかもしれない。2021年1月の水落事件発覚以降も、同校野球部の周辺ではスキャンダルが絶えない。
1月 野球部保護者からの連絡によって、コーチだった水落のセクハラ行為が発覚。水落は福岡に帰郷し、山本晳監督らが責任を取る形で3月に辞任。
3月 野球部の新監督に就任した長谷部元伸氏のパワハラが問題化。日本高等学校野球連盟(高野連)への報告が遅れたことで、野球部部長が1カ月の謹慎処分を受ける。長谷部氏は水落事件の調査にあたった第三者委員会のメンバーでもあった。
7月 長谷部監督の財布から、現金数十万が盗まれる盗難事件が発覚。高野連から「厳重注意」を受ける。
8月 水落が強制わいせつ容疑で逮捕。
9月 水落が強制性交致傷容疑で再逮捕。
10月 野球部の1年生部員に対する同級生の集団イジメが発覚。
11月 学校の宿泊授業において、野球部の1年生部員4人による喫煙が発覚。
11月 野球部の2年生部員が5月頃にSNSでライブ配信していた喫煙の動画が学校に匿名で送られてきて発覚。次に、現役部員の告発によって1年生の喫煙が発覚。その後、ふたりの2年生部員が喫煙する動画も、やはり匿名で学校に送られてきて喫煙が発覚した。
(以下、略)


男子高校生のチンチンを触って何が楽しいのか、さっぱり分からないのですが、水落容疑者にとってはたまらないほどの快楽だったのでしょう
ただ、水落容疑者がこの時期(起訴前で大阪府警の留置場に勾留中)にわざわざ週刊誌の取材に応じ、何をしたかったのか大いに疑問です
さて、水落容疑者の犯行とは別に、学校の隠蔽体質も問題視されます
私立高校なので体面に気を使うのは理解できるとしても、あれもこれも隠蔽するのは無理があります。結果として校内の秩序はボロボロであり、不祥事が繰り返されているように映ります。生徒の間に「喫煙してもバレなければよい」とか、「学校はどうせ表沙汰にはしない」などという思いが固着してしまっているのでしょう
一度乱れてしまった校風を立て直すのは至難の業であり、特に不都合な事実を学校自ら隠蔽しているようでは綱紀粛正などできるはずがありません
野球部に練習に参加するだけで授業を受けたものとみなし、単位を与える制度というのも疑問です。それでは野球バカを育てるだけでしょう

(関連記事)
高校野球コーチ 男子部員強姦で懲役10年
https://05448081.at.webry.info/202203/article_46.html
GoTo補助金詐欺で再逮捕 高校野球部監督
https://05448081.at.webry.info/202203/article_1.html
大阪偕星学園野球部監督とコーチ 補助金詐欺で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202201/article_23.html
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
高校野球部コーチがわいせつで再逮捕 10年前から
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将の転落人生
愛知県教諭 男児に強制わいせつで懲戒免職
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
男児を強姦 ボランティアの男逮捕
修学旅行で男児生徒にわいせつ行為 高知の教師
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
少年愛と性犯罪の境界(再掲)
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕
わいせつ教師中村洋一郎 児童ポルノ交換も
わいせつ教師中村洋一郎 男子の裸画像収集
小学校講師 12歳男児へのストーカーで懲戒免職