猪苗代湖ボート殺人 初公判で被告が謝罪

年末を迎え、これまで取り上げた事件の中で顛末が不明なものを調べ、記事を検索しています
昨年9月に福島県の猪苗代湖でプレジャーボートが家族連れのレジャー客に突っ込み、死傷者を出した事件の初公判が本日ありましたので、取り上げます
河川や海上での事故については道路交通法のような法整備がされておらず、適用もされません。つまり、規制が緩いわけです
昨今、海や川での事故が増える中にあって、法整備が進まないのは問題です。国会議員はさぼってないで仕事をしてもらいたいものです
前にも書いたように、田中角栄は国会議員として33本もの議員立法を実現しています。若手の官僚にも教えを請い、勉強会を開催し、法案を練り上げたのであり、ロッキード事件はともかく、その立法にかけた情熱には敬服します
週刊誌片手に閣僚のスキャンダルをネチネチ追及するだけが国会議員の仕事ではありません。立憲民主党は「河川及び海上等交通法(案)」とか提起しないのでしょうか?


猪苗代湖で去年9月に起きた3人死傷のボート事故。
業務上過失致死傷の罪で起訴されたのは、いわき市の会社役員佐藤剛容疑者44歳(逮捕時は東京都在住)。
佐藤被告は起訴された段階でも「身に覚えがない」と一貫して否認している。
27日から刑事裁判が始まるが、水上の事故は陸上の車などの事故と比べ証拠品の確保など難しいことが多いという。郡山市の滝田三良弁護士によると「水上の場合は物的証拠が消え、事故の状況を証明するのが難しい」と指摘している。
さらに法律の問題もある。車の交通事故であれば、最大15年の懲役を科す「危険運転致死罪」があるが、水上ではこれがない。滝田弁護士によれば、水上では業務上過失致死罪の5年以下の懲役・禁錮、または100万円の罰金のみ。今回の猪苗代湖の事故をはじめ、水上での悲惨な事故は各地で相次いでいて、法による規制の必要性が高まっている。
また、専門家はボートなどの馬力や機能が向上し、事故の規模の大きさなどが目立ってきたという。水難学会の斎藤秀俊会長は「だんだんだんだん慣れてくると、より速いスピード、快適性を狙ったりしてくるんだ」運転マナーを守らない人もいて、水上での事故は全国各地で後を絶たない。
滝田弁護士は「こういう事故が、全国的に広がって、頻繁に起こるようになると、湖に対する法律をきちんと制定しようと、という動きがあるかもしれない」と話す。
猪苗代湖の事故を巡っては、ボートなどが航行して良い場所などを示す、地図やルールの徹底が曖昧だったとの指摘もある。
裁判所が過失の有無をどう判断するかも注目される。
(福島中央テレビから引用)


会津若松市の猪苗代湖で昨年9月、水上レジャー中の家族連れらがプレジャーボートに巻き込まれ、3人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われたいわき市、会社役員の被告の男(44)の初公判は27日、福島地裁で開かれた。男は「私の運転するボートで被害者の命が失われたのはその通りと認識した。遺族に申し訳ない気持ちで、深くおわび申し上げます」などと謝罪した。
(福島民報の記事から引用)


逮捕から起訴まで、事故について「知らぬ存ぜぬ」を通してきた佐藤剛被告ですが、一転して事故を起こしたと認め遺族に謝罪する姿勢を示しています
おそらく弁護士からの助言で、「知らぬ存ぜぬ」で突っぱねたところで有罪判決は避けられないと諭されたのでしょう
会社を経営しているのであれば佐藤被告の態度によっては批判を招き、会社の経営にもダメージとなります
佐藤被告はプレジャーボート向けの保険に加入していたはずで、損害(死亡や負傷)に関しては保険金が出るものと推測します
ここは過失を認めて裁判を速やかに終結させる方がメリットがある、と考えたのかもしれません

(関連記事)
猪苗代湖ボート殺人 佐藤容疑者はやり手社長
猪苗代湖ボート殺人 佐藤剛容疑者逮捕
駒沢大吹奏楽部 野尻湖水死事件で和解成立
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡
浜名湖のボート訓練で中学生死亡
浜名湖ボート事故 何のための学校行事か?
浜名湖ボート転覆事故裁判 施設管理者に有罪判決
自ら掘った落とし穴に転落し夫婦死亡
海岸の落とし穴に転落死亡の夫婦 夫の両親が友人らを提訴
落とし穴事故で妻と友人に4100万円の賠償命じる判決
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
日本人観光客 万里の長城ツアーで死亡

連続少女暴行魔近藤善広 懲役10年と罰金刑判決

複数名の少女に性的暴行を加え、その様子をカメラで撮影して販売しようとした近藤善広被告の判決公判の報道を探していたのですが、やっと見つけました
判決は10月11日付けです。あまりメディアが注目しなかったのか、探して見つかったのがテレビ神奈川の記事だけでした
横浜地裁は近藤善広被告に対し懲役10年の判決と、児童ポルノ法違反で罰金50万円を言い渡しています


女子児童に性的暴行を加え、カメラで撮影したなどの罪に問われていた男の裁判で、横浜地裁は懲役10年と罰金の判決を言い渡しました。
起訴状などによりますと、東京都杉並区に住む無職の近藤善広被告は、おととし2月、当時小学6年生の女子児童に性的暴行を加えたうえ、その様子をデジタルカメラで撮影したなどとして強制性交等や児童ポルノ製造の罪などに問われていました。
11日の判決で横浜地裁の渡邉史朗裁判長は「行為の様子を商品にして高額で販売するために撮影したことは、保護されるべき立場にある児童の人格を、何ら顧みない非道な態様」と指摘。
「被害児童の人生にこのような爪痕を残した被害結果も重いというほかなく、児童ポルノの販売等が割に合わない行為であることを知らしめるためにも罰金刑を併科するのが相当」などとして、近藤被告に懲役10年、罰金50万円の判決を言い渡しました。
(テレビ神奈川の記事から引用)


上記の記事だけではこれですべての事件の処理が終わったのかどうか、はっきりしません
余罪が複数件あるはずですが、起訴されないまま終わったのか、あるいは追起訴されてこれから公判を迎えるのか?
もし上記の判決ですべて決着というのなら、あっけない結末です
過去の近藤被告逮捕の記事からすれば、小学4年生の女児や4歳くらいの女の子にも性的暴行を加えており、被害者は少なくとも4人です。おそらく近藤被告の残した動画で暴行を加えた事実が判明しても、被害者が特定できないケースがもっとあったのでしょう。児童ポルノについても、40点以上の動画や静止画を作成して販売しています。とても懲役10年で済むような犯行ではありません
どこまでが立件され、起訴されたのか仔細が分からないのでこれ以上書きようもないのです。何か分かりましたら追記するつもりです

(関連記事)
連続少女暴行魔近藤善広 公判で証言を拒否
https://05448081.at.webry.info/202108/article_1.html
連続少女暴行魔近藤善広 なおも余罪あり
連続少女暴行魔近藤善広 4度目の逮捕
大阪府教育庁職員 女児わいせつで5度目の逮捕
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
強盗強姦事件で懲役25年 その呆れる所業
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役15年求刑
イケメンのサッカー指導者 児童ポルノ法違反で懲役4年判決
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
強制わいせつで逮捕の66歳は女子中学生2人殺害の凶悪犯
児童12人を強姦、わいせつで懲役18年 金子被告
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で逮捕
「私は神だ」と称する女児猥褻犯に実刑判決

岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告とは?

茨城県古河市の老人介護施設で、入居者である高齢者の点滴に空気を注入して殺害する事件に注目が集まっていますが、岐阜県高山市の介護施設での殺人事件で起訴された小鳥剛被告の公判も続いています
否認事件なので、検察側は取り調べに当たった警察官や介護施設職員など証人をこれでもかと出廷させ、公判で証言を積み上げる手法を取っています
状況証拠と併せて、小鳥被告しか犯人はいないと訴えるやり方です
弁護側は犯行を立証する直接証拠がないと指摘し、無罪を主張しています
形としては殺人になるのですが、検察は傷害致死事件で起訴しており、求刑は懲役15年から18年くらいでしょう。判決は来年3月になります


2017年に高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で入所者が相次いで死傷した事件で、傷害致死罪などに問われた元施設職員 小鳥剛おどりたけし 被告(36)の裁判員裁判で、警察官と施設職員計2人の証人尋問が9日、岐阜地裁(出口博章裁判長)で行われた。
初公判で検察側は「施設の防犯カメラに映っていた職員と入所者計11人のうち、犯行に及ぶことができたのは小鳥被告だけだった」と主張。弁護側は「目撃情報など、小鳥被告が犯人だとする直接証拠は一つもない」としている。
この日の証人尋問で、警察官は防犯カメラの映像を解析した結果、「負傷した女性の居室に行く場合、防犯カメラに足元または人影が必ず映る」と証言。また、施設でリハビリを担当する理学療法士の男性は「防犯カメラに映っていた入所者の中で、女性を負傷させられるほどの力を持った人はいなかった」と証言した。
一方、弁護側は「入所者の車椅子の陰に隠れるなどして防犯カメラに映らず、負傷した女性の居室に行くことができた」「防犯カメラに映っていた人影の中には、正確に人物を特定できないものもある」などとし、証言は小鳥被告の犯行を裏付けるものとは言えないと強調した。
(読売新聞の記事から引用)


小鳥被告は地元の高校を卒業後、職を転々としていましたが、実家の祖母が痴呆症になったため自宅で介護に取り組み、周囲の勧めもあって老人介護施設で働くようになりました。普段はニコニコと穏やかな人物のようですが、不平不満があると激高し抑えが効かなくなる面もあると、別の報道では伝えています
介護施設では夜勤の回数が多すぎると、小鳥被告は不満を漏らしていたのだとか。職場での不満、鬱憤がたまり、高齢者に暴行を繰り返し暴行を加えたのではないか、と推測されます
下記の関連記事にもあるように、東京中野区の高齢者介護施設で高齢者を殺害した事件では懲役16年の判決が言い渡されています。こちらも施設の中で死角となる場所で行われた犯行ですが、状況証拠から被告の犯行と断定されています

(関連記事)
岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告に懲役12年判決
https://05448081.at.webry.info/202203/article_16.html
岐阜の老人施設で5人死傷 懲役12年を求刑
岐阜の老人施設で5人死傷 初公判で犯行否認
岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告の初公判は?
岐阜の老人施設で5人死傷 起訴から1年も公判はまだ
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
山梨の介護施設で強姦殺人 丹沢被告とは
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決
古河介護施設殺人 赤間容疑者は盗みの常習犯
古河介護施設殺人 赤間容疑者逮捕