村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」を読んで

村上春樹の短編集「女のいない男たち」から「ドライブ・マイ・カー」を読んだので、その感想なりを書こうと思いつつ、事件やその裁判の判決やらが相次いだため先送りしてきました
濱口竜介監督の映画「ドライブ・マイ・カー」は各地で映画賞を受賞しており、評判も上々のようです。映画はまだ観ていないのですが、フランスの映画メディアの批評を紹介しているウェブサイトがありましたので、最初に映画評をいくつか並べます


「『ドライブ・マイ・カー』は、濱口監督がデビュー以来挑んできた美的探求が最も成功した、最も感動的な作品だ。迷宮の中から筋道へと導く赤い糸(指針)のように、時には見えない言語表現も交えて登場人物の間で交される会話と言葉を通して、より真実に肉迫しようとしている」(日刊紙ルモンド)

「濱口監督は偉大なる小説の豊かさをゆったりと複層的な構成で見事に描ききった。予測不可能であるにも関わらず、澄んだ迷宮の道へ入り込んでいくかのように……。本作で起こる多くの分岐点に翻弄されながらも、主人公の車を介して観客をより遠く深い地点までいざなってくれる叙事詩でもある」(日刊紙リベラシオン)

「観客はまるで登場人物と併走するかのように、流れるように物語は進行する。登場人物の過去と向き合い、抱えた秘密、抑圧された感情や行為を解読しようとするだけではなく、未来に対して、より軽やかに自身の再生と克服を模索する、濱口竜介監督の素晴らしい作品だ!」(週刊カルチャー誌テレラマ)

「濱口竜介はその厳密さと筋が曖昧になることを恐れない明晰さを持ち合わせた素晴らしい監督だ。肉体と身体言語を交錯させながら、登場人物の“あるべき”本来の魂のあり方を徐々に明確にする。そして彼らの心の揺らぎと抽象的な思考に揺さぶりをかけて、明らかにしていく」(映画誌カイエ・デュ・シネマ)

映画の方は短編小説「ドライブ・マイ・カー」のみならず、短編集に収められた「シェラザード」や「木野」などのエピソードも織り交ぜて構成されています
と、映画の話はここまでにして、短編小説「ドライブ・マイ・カー」に話を移します
幽霊が出ない村上作品
妻を失った男が、生前に妻と寝ていた男たちについて語るのが話の筋立てです。いつもの村上作品であるなら、妻の幽霊、あるいはこの世ならざる者が登場し、主人公と対話を重ねながら話が進むところですが、この作品には登場しません
ほぼ、主人公である家福悠介の視点で語られます
家福は女優である妻で共演した俳優、高槻耕史が妻と不倫関係にあったと知っており、高槻を誘って飲みに行きます。酒好きな高槻が酔にまかせてペラペラとしゃべる様を眺めながら、なぜこんなつまらない男と妻は寝ていたのだろうかと思うのですが、答えは出ません
まあ、家福の視点で語られているのでこうなるわけですが、実際はどうだったのでしょうか?
村上春樹は家福の視点で物語を書いており、そこは上記のテレラマの批評にあるように「登場人物の過去と向き合い、抱えた秘密、抑圧された感情や行為を解読しようとするだけではなく、未来に対して、より軽やかに自身の再生と克服を模索する」展開です
ただ、ニーチェが書いた「深淵を覗こうとする者は心せよ。深淵もまたこちらを観ているのだ」との警句によるならば、高槻もまた家福悠介を観ていたのであり、あの女性がなぜこんな退屈な男と夫婦であり続けたのか、と疑問を抱いたに違いありません。長身でハンサムで、嫌味のない二枚目である高槻は自分に自信をもっており、家福のような退屈な男ではないと自負したでしょう
妻と別れ、彼女(家福音)と結婚することも考えていたに違いありません
このように高槻視点から眺めたなら、物語は別の様相を呈してきます(もちろん、そのようには書かれていないのですが)
高槻の視点から解釈すれば、彼女は退屈な夫との結婚生活に飽き飽きしており、刺激を求めるからこそ自分と寝ているのだ、となります。家福は妻を飽き飽きさせ、不倫に走らせておきながら自分がその原因だと理解できない愚鈍な男、なのです
村上春樹が高槻の視点を取り入れなかった理由は分かりません。が、「ノルウェイの森」にしても、ほぼ主人公の一方的な視点で語られているのであり、元よりそうした書き方が村上のスタイルです
ただ、短編集「神の子どもたちはみな踊る」の作品群のように主人公の視点のみから語るのではなく、別の視点を取り入れ、物語に重複的な構成をもたせようとする試みもあるわけで、単純には決めつけられません
読んだ感想としては、上記のように家福悠介は高槻を理解したつもりで理解し損ねているのであり、同様に妻についても理解したつもりで理解し損ねている、というものです。妻を理解し損ねている家福が、妻の不倫の動機を詮索したところでどこにも辿り着けません
家福の乗る車は間違った道を、そうと知らないまま走り続けている…と感じました

(関連記事)
村上春樹「ハナレイ・ベイ」 深い余韻と波
村上春樹が世界の読者に刺さる理由
村上春樹とレイモンド・カーヴァー 救済の不在
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド讃
村上春樹「アイロンのある風景」と「焚き火」
村上春樹「アイロンのある風景」を眺めて
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅳ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅲ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅱ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「1973年のピンボール」
「風の歌を聴け」 回想あるいは追憶、創作
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
「海辺のカフカ」 迷宮としての物語
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか

上記の記事も含めて「村上春樹」のカテゴリーに属する記事は、本文右側のテーマ別記事から「村上春樹」を選択すると表示されます

わいせつ教師中村洋一郎 懲役1年6月の判決

私立大阪明星学園中学校の教師だった中村洋一郎は複数の性犯罪で起訴されています。今回は中村被告が明星学園に勤務する前、東京都内で教師をしていた際、男子高校生に睡眠薬を飲ませた上で猥褻な行為をし、動画に撮影していた事件の裁判です
本件では大阪地裁が懲役1年6月の実刑判決を言い渡しています
これ以外にも大阪明星中学の生徒にわいせつ行為をした件、撮影したわいせつ画像を交換していた件でも立件されているはずです


自宅に招いた男子高校生に睡眠薬を飲ませ、わいせつ行為をした元教師の男に、懲役1年6ヵ月の実刑判決が言い渡されました。
判決によりますと、中村洋一郎被告(37)は、東京都内の私立学校に教師として勤めていた2014年、自宅に招いた男子生徒(当時17)に、睡眠薬を混ぜた飲み物を飲ませ、抵抗できない状態にして、わいせつな行為をしました。
これまでの裁判で中村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めていました。
判決で大阪地裁は「生徒との信頼関係を裏切る、卑劣で悪質な犯行」とした上で、「(被告が)虚偽を述べ、長期間にわたり犯行が隠蔽されていた」ことも踏まえ、懲役1年6ヵ月の実刑を言い渡しました。
(ABCニュースの記事から引用)


全部でどれだけの事件で起訴されているのか、よく分かりません。昨年7月に別件で有罪判決が出ているとの話もあるのですが、ソースが確認できませんでした
すべてが教育現場での犯行ではないものの、性犯罪者が教師として教育現場に紛れ込んでいたのは事実であり、少なくない被害を出しているわけです。学校関係者は教師の素行に十分注意を払う必要があります。「教職に就いている以上、間違いは犯さないはず」などと性善説を唱えるのは大間違いだと証明しています
中村洋一郎被告の裁判がまだ続くのか、これで終わりなのか不明ですが、複数の有罪判決を受けて服役するのでしょう。ただ、男だらけの刑務所に服役するのは、彼の性的嗜好からすれば大歓迎なのかもしれません(犯行からすれば、十代の美少年が好みのようですが)

(関連記事)
わいせつ教師中村洋一郎 公判で起訴内容認める
わいせつ教師中村洋一郎 男子の裸画像収集
わいせつ教師中村洋一郎 児童ポルノ交換も
中学生にわいせつ 大阪明星学園元教師を再逮捕
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕
男子高校生を買春 神奈川県教育委員会主事を逮捕
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
男子高校生を買春 神奈川県教育委員会主事を逮捕
わいせつ教師 「懲戒免職不服で退職金払え」と訴訟
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
静岡湖西市議を少年買春で逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
子供を守るコンサルタントが買春 懲役10月の実刑判決
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
小学校長がトイレ、更衣室盗撮 懲戒免職に
女教師宅に侵入繰り返した中学教頭 懲戒免職
香川の高校教師が強制わいせつ 被害者は自殺
懲戒免職のわいせつ教師 熊本市復職認める
1万2千人を買春 元校長逮捕
修学旅行で盗撮の教諭 懲戒免職に
修学旅行で盗撮 高校教諭逮捕
少年愛と性犯罪の境界(再掲)
教室に児童監禁 わいせつ教師逮捕
少年に淫行 アロマシンガーソングライター逮捕
男子中学生にトイレでわいせつ 教師が投身自殺(その2)
https://05448081.at.webry.info/202205/article_38.html
男子中学生にトイレでわいせつ 教師が投身自殺

佐渡金山の世界遺産登録申請で韓国が激怒

佐渡ヶ島の鉱山跡をユネスコの世界文化遺産登録を目指すと岸田首相は発表していますが、韓国政府や韓国メディアはこれに猛反発しています
佐渡の金山は江戸時代にその最盛期を迎え、世界屈指の産出量を誇りました。しかし、明治時代には産出量が減少。西欧からの近代的な採掘技術を導入したものの、産出量は減少していきます。戦時中には鉱山労働のための朝鮮から募集工を投入して操業を継続したのですが、韓国政府はこれを奴隷労働だったと強く非難しています。この辺りの経緯は軍艦島(端島炭鉱)と同じです
実際には宿舎が用意され、食事もあり、給与も支払われていたのですから奴隷労働ではありません。厚生年金への加入も認められていた、という話もあります(未確認ですが)
しかし、韓国側は日本の頭を踏みつける材料として利用したいのですから、事実を認めたりはせず、奴隷労働の場だと主張し続けているわけです


日本が佐渡金山の世界遺産推薦を強行…日韓歴史戦争の砲門を開く
日本政府が朝鮮人労働者の強制労働現場である佐渡金山をユネスコ世界文化遺産に推薦することで最終方針を固め、再び日韓間の歴史戦争の砲門を開いた。(世界遺産推薦を)強行しない場合、今年7月に行われる参議院選挙で不利に働くという与党・自民党内の懸念が反映された結果とみられる。
NHKなどによると、岸田文雄首相はこの日午後に文化庁の文化審議会が佐渡金山を世界文化遺産に推薦することを最終的に決定した後、首相官邸で記者団に対して「いつ申請することが佐渡鉱山の世界文化遺産登録に効果的か検討してきたが、今年申請し、早期に議論を始めることが登録実現への近道という結論に達した」と明らかにした。
文化審議会は先月、佐渡金山を世界文化遺産の推薦候補に選定した。しかし、韓国政府は佐渡金山が植民地時代に朝鮮人の強制労働があった場所だとして強く抗議し、反対の意思を明確にした。中国政府も先月末「強制徴用と強制労役は日本の軍国主義が対外侵略と植民統治期間に犯した厳重な罪行」だとし、「怒りと反対を招く」と反対した。
これに対して、日本政府は登録が霧散になる可能性が高いと判断し、来年以降に佐渡金山の世界遺産登録を再推進する案を検討してきた。ユネスコでは昨年、関連国が異議を申し立てた場合、結論が出るまで世界記録遺産に登録しない制度が導入されたが、一度世界遺産への登録が不可能だと判断された推薦候補がその後に世界遺産に登録されたケースがないからだ。佐渡金山は世界記録遺産ではない世界文化遺産への登録を推進しているが、同じ方式が適用されるという見方が多い。
しかし、安倍晋三元首相を筆頭に与党・自民党内の保守陣営が世界遺産登録推薦を強行することを強く求め、終盤に方針を変更したものとみられる。
安倍元首相は前日、自身のフェイスブックを通して「今年推薦を強行しなければならない」と主張した。また「来年に推薦を見送っても登録の可能性が大きくならない」とし、「(韓国が)歴史戦争をしかけてきた以上、逃げてはならない」と明らかにした。
安倍元首相の取り巻きである自民党の高市早苗政調会長も連日、メディアのインタビューを通して「必ず推薦すべきだ」と強行を促している。
このように保守・右翼勢力が声を高める背景には今年7月に行われる参議院選挙を控えて保守層の支持基盤を固めるという意図が含まれていると分析されている。結果的には安倍元首相の圧迫に岸田首相が屈服したという評価だ。
日本政府がユネスコ世界文化遺産に佐渡金山を推薦することができる締切日は2月1日だ。日本政府は来月1日、閣議で案件の議決が終われば推薦書をユネスコに提出する計画だ。
ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡協会(ICOMOS、イコモス)が推薦書を受け入れれば、現地調査を含めて約1年半にわたる審査を行い、来年6~7月ごろに佐渡金山を世界遺産に登録するかどうかを決定することになる。
(wowkoreaの記事から引用)


地元では世界遺産登録申請を歓迎する雰囲気です。ただ、世界遺産登録が観光振興の手段として利用されるのがもっぱらであり、観光客を呼び込んで儲けたいとの思惑ばかりが先行するのはどうか、と思ってしまいます
言うまでもなく、佐渡の金山には江戸時代、犯罪者が送り込まれ過酷な労働を強いられた事実があり、単なる観光名所として物見遊山で足を踏み入れるのはどうか、との気持ちを抱きます
まあ、世界遺産に登録されている古代遺跡なども奴隷や現地住民の強制労働によって造られたりしているのですから、佐渡の金山だけが特別というわけではありませんが
さて、話を上記の記事に戻します
記事のタイトルには、「日本が韓国に対して歴史戦の砲門を開いた」とあり、日本側が攻撃を仕掛けてきたかのような扱いです
日本政府の言い分としては「江戸時代の佐渡金山」を世界遺産に登録するのであり、太平洋戦争中の朝鮮人労働者は無関係だというものです。が、韓国政府は納得しないでしょうし、引き下がったりはしないでしょう
ともかく、「歴史問題で日本に勝たなければならない」と思い込んでいるのですから
軍艦島の場合(こちらも明治時代の産業遺産群という扱いで、戦時中の朝鮮人労働者は無関係という趣旨でした)は、ユネスコの勧告を受け、戦時中に朝鮮人労働者が就労した旨が小さく表示してあり、これを韓国政府は不満としています。なので今回はより強硬な姿勢で世界遺産登録阻止の運動を展開するものと予想されます
世界遺産に登録されれば観光名所として脚光を浴びる、と単純に歓迎するわけにはいかない事情をはらんでおり、日韓の激しい応酬に発展するのは避けられないでしょう

(関連記事)
世界遺産「韓国の裏切り」は安部首相の陰謀と書くメディア
http://05448081.at.webry.info/201507/article_11.html
「明治日本の産業革命遺産」登録も韓国と火種残す
http://05448081.at.webry.info/201507/article_7.html
朴大統領が日本の世界遺産登録に反対を表明
http://05448081.at.webry.info/201505/article_18.html
日本の世界文化遺産登録に反対する韓国
http://05448081.at.webry.info/201505/article_5.html
日本のユネスコ世界記録遺産登録にケチをつける韓国
http://05448081.at.webry.info/201402/article_10.html
韓国映画「軍艦島」の評判
http://05448081.at.webry.info/201708/article_9.html
反日映画「軍艦島」公開
http://05448081.at.webry.info/201706/article_18.html
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
http://05448081.at.webry.info/201201/article_26.html
韓国の仰天記事「田沢湖は強制連行された朝鮮人が掘った」
http://05448081.at.webry.info/201105/article_62.html
「日本による植民地支配こそ問題」と発言する韓国人教授
http://05448081.at.webry.info/201601/article_4.html
日本人暗殺を描く韓流映画「暗殺」 7月に東京で公開
http://05448081.at.webry.info/201603/article_18.html